Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の予防接種キャンペーンがどのようにカムバックストーリーに変わったか

つい最近1か月前、日本のCOVID-19ワクチン発売キャンペーンについての一般的な説明は遅すぎたというものでした。 さて、それはカムバックストーリーのようなものに進化しました。

キャンペーンを最終的にスピードアップするための中央政府による多くの努力は、過去数週間で報われ、菅義偉首相の目標である7月末までに1日あたり100万ショットを管理するという目標に近づきました。夢のようだった時間。

木曜日に記者団に語ったところによると、菅氏はアプリの現在の「非常に速い」ペースについて自慢し、これまでに少なくとも1回のワクチン接種を受けた人は2,000万人に上ると述べた。

予防接種の開始の新しい段階では、職場や大学での予防接種が月曜日に増加する予定であり、予防接種キャンペーンにさらなる推進力を追加し、それをより広く一般の人々に拡大します。 金曜日の夕方、政府は、この枠組みの下で約1,400万人が予防接種を受けると推定しました。

2月から4月にかけてワクチンの供給が不足したため、当初は国の立ち上げが制限されていました。 投与量がすぐに利用できるようになった5月以降でも、多くの自治体はワクチン接種を実施するのに十分な医療従事者を確保するのに苦労していました。

今日、世界第3位の経済大国は、ワクチン接種人口の割合で他の先進国にまだ遅れをとっています。金曜日の時点で16.4%が部分的または完全にワクチン接種されていましたが、フランスでは47%、ドイツでは50%、米国では52.3%でした。状態。 Our World in DataのWebサイトで研究者がまとめた数値によると、各国。

しかし、ここ数週間で日本の打ち上げが回復し、現在、高齢者に与えられる1日あたりのショット数は約80万で、約1か月前の3倍になっています。

この上昇は、市町村に物事を改善するよう圧力をかけるために多大な努力を払ったことは言うまでもなく、菅政府によって実施された一連のイニシアチブに起因する可能性があります。

ある男性が、金曜日に首都の東京都庁でCOVID-19ワクチンの注射を受けました。 | プール/ロイター経由

一つには、政府は、歯科医、救急医療技術者(EMT)、臨床検査技術者などの従業員をショットを与える資格のある医療専門家のリストに追加することによって、スタッフ不足に関する自治体間の懸念に対処しました。 ワクチンの投与を促進するために、積極的に管理している医療機関にもボーナスを提供しています。

5月下旬、自衛隊が駐屯する2つの集団予防接種施設が東京と大阪に開設された。 自衛隊が運営する二重施設は、もともと高齢者専用だったため、市町村からワクチンバウチャーを受け取っていれば、18歳以上の方も利用できるようになりました。

このすべてを通して一貫していたのは、地方自治体に対する菅の執拗な態度でした。地方自治体は、スタートアップにおいて極めて重要な役割を果たしています。

スタートアップがまだ忍び寄っていた4月下旬、菅は7月末までにすべての高齢者の予防接種を完了するという野心的な目標と考えられていることを明らかにしました。 2週間後、彼は1日あたりのショット数を100万に増やすことを約束しました。

彼のリーダーシップの下で、省当局者は特に遅い自治体に連絡を取り、鞭を打ち砕き、7月の期限を守るという彼らのコミットメントを高めました。

市町村への圧力を強める可能性のある発表の中で、菅は今月初めに、ワクチン接種を希望するすべての住民が11月までにワクチンを接種することを期待できると発表しました。

国際医療福祉大学の感染症を専門とする公衆衛生学の松本哲也教授は、「ワクチンに関しては、政府は非常に熱心であり、プロセスをスピードアップすることに肩を並べている」と述べた。福祉。 学校。 「一部の自治体は、ストレスが不足していて、期限を求めすぎていると感じているかもしれません。」

日本航空の客室乗務員は、6月14日に東京の羽田空港で行われた同社の職場予防接種キャンペーンの初日にModernaCOVID-19ワクチンを受け取ります。 フランス通信社-JIJI
日本航空の客室乗務員は、6月14日に東京の羽田空港で行われた同社の職場予防接種キャンペーンの初日にModernaCOVID-19ワクチンを受け取ります。 フランス通信社-JIJI

しかし、感染管理とワクチン接種の重要性を考えると、重いかもしれない菅のアプローチは、結局のところ正しい道であったかもしれず、加速するペースであると信じることができます。

実際、保健省と内務省が実施した共同調査の最新の結果によると、1,741の市町村すべてが、7月末までに高齢者の完全予防接種を完了することができると確信していると報告されています。

しかし、引き算はペースを上げ続けていますが、この傾向がいつまで続くかはまだわかりません。 たとえば松本氏は、ワクチンの躊躇の問題が今後の障害として浮上する可能性があると述べた。

米国やイスラエルなどの国では、人口の特定の割合がワクチン接種された後、ワクチン接種のペースが低下し、ワクチンに懐疑的な人々の恐怖を和らげる方法と、ワクチンを接種する人々を免疫する方法の2つの課題が浮き彫りになりました。ワクチンを接種しないでください。

予防接種の苦い歴史と副作用をめぐる一連の訴訟に端を発する慎重なワクチン政策をとっている日本は、予防接種を受けることに消極的な個人のシェアを持っています。 インペリアルカレッジロンドンとデータ分析会社YouGovが5月に実施した世界的な調査によると、調査対象の15州のうち、COVID-19ワクチンを「信頼している」と答えた回答者の割合が最も低いのは日本と韓国で47%でした。

しかし、時間が経ち、より多くの人がショットを撮るにつれて、この数は変わる可能性があります。

「3、4ヶ月で、若者を含む未定の人々の態度が、友人や家族がワクチン接種を受けるのを見るにつれて変わることを願っています」と松本氏は語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  アメリカ人はゴーンの脱出をめぐって日本で裁判にかけられる