Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の人々の73%はオミグロンウイルスの亜種を恐れており、65%は早期のブースターショットを好みます:Minichi Poll



2021年12月8日、大阪の北区では、大画面にコロナウイルスのオミグロン亜種に関するニュース番組が表示されます。 (ミニチ/梅田美子)

東京発-ミニチ親藩と社会調査センターによる12月18日の全国世論調査の回答者の73%は、16%以上が日本でのコロナウイルスのオミグラン変異体の拡散を恐れていると述べた。 あなたはそれを気にしないと誰が言ったのですか。

11月13日に実施された以前の世論調査では、回答者の66%が、日本でオミグラン変異体の最初の症例が確認される前に、コロナウイルスの第6波について懸念していると述べました。 最近の世論調査の結果は、オミグロン株に対する強い国民の恐れがあることを示唆しています。

Govt-19ワクチンのブースターショットについては、12月18日の世論調査の回答者の65%が事前に接種すると信じていると答え、21%がそうではないと答えました。 約6%がまだセカンドショットを撮っていないと答え、8%がセカンドショットを撮ることに自信がありませんでした。

政府は最近、医療専門家と高齢者が2回目と3回目のCOVID-19ショットの間隔を最初の8か月から2か月に短縮する計画を概説しました。

年末年始や年末年始の旅行や故郷への旅行の予定について尋ねたところ、26%がそのような旅行を計画していると答え、69%が「いいえ」と答えました。 4%は、まだ問題について議論していると述べました。 調査結果によると、多くの人が長距離の移動に警戒しています。

2020年12月の世論調査では、有権者の15%が故郷に戻る予定であると述べ、78%がいいえと述べました。 7%は、まだオプションを検討していると述べました。

日本は、個人消費の増加を期待して、9月下旬にCOVID-19の非常事態を解除しました。 しかし、最近の世論調査では、買い物、食事、旅行、その他の活動への支出が増えたと答えたのは約37%にすぎませんでした。 ほぼ半数の48%が、これらの活動への支出は変わらないと述べ、15%は支出が減少したと述べました。 年齢とともに、40歳以上の人々の40%以上が、これらの活動への支出の増加を報告しており、これは50代以上の人々の数よりも多いです。

(日本オリジナル伊藤なね、政治ニュース部)

READ  中国、韓国、日本、ASEANは野心的な世界的権力構造に統合することができます