Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の多くの学校は子供をオリンピックに連れて行かないことを選んでいます

オリンピックリングの記念碑は、東京でのコロナウイルス(COVID-19)の大流行により、2021年に延期された東京2020オリンピックのメインスタジアムである国立競技場近くの日本オリンピック委員会(JOC)の本部の外にあります。日本2021年6月23日、オリンピック開幕から1か月後の日。 写真:加藤一佐/ロイター

東京(ロイター)-東京近郊の多くの学校は、オリンピックとパラリンピックのイベントを無視し、予約された28万枚のチケットの半分以上をキャンセルしている、と日本の新聞は日曜日に語った。

千葉県、埼玉県、神奈川県では、市町村が児童児童を購入するために割り当てた割引券の約6割がキャンセルされたという。

情報筋を引用せずに、東京都教育委員会は、首都内の各自治体に、まだ学童をゲームに送るつもりかどうかを尋ねる予定であると新聞は述べた。

彼女は、パンデミックが広がる前の2019年8月の時点で、開催都市は90万人の学生がプログラムの下で試合を観戦することを期待していると付け加えました。

東京2020の主催者や4つの地方自治体の関係者からのコメントはすぐには得られなかった。

日本政府は今月、東京と他の8都道府県でコロナウイルスの緊急事態を解除しましたが、ここ数週間、感染が再び増加する可能性があるという兆候が現れています。 菅義偉首相は国民にテレビで試合を観戦するよう促した。

外部の観客は国際的な祭典から禁止されており、主催者は会場の収容人数を50%に制限しており、最大10,000人が参加できます。 ただし、学童とその監督者はこの規則の対象ではありません。

東京オリンピックは、パンデミックにより1年遅れて7月23日に開幕する。

(竹中清による報告)ウィリアム・マラードによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  レクサスUCはトヨタGR86のより豪華なハイブリッドバージョンである可能性があります