Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の大手ダイキン工業がアンドラプラデーシュ州に3番目の製造施設を設立

ダイキンインドは、アンドラプラデシュに3番目の工場を設立します。 同社によれば、この拡張は、最近発表されたACコンポーネントのPLIスキームへの投資提案の一部であり、このスキームの下で投資する最初の日本のプレーヤーとなっています。

同社は金曜日、アーンドラプラデーシュ州のスリシティでエアコンとコンポーネントを製造する施設を設立するための土地購入契約を締結しました。 このプラントは、国内需要を満たすだけでなく、インドを国際市場にサービスを提供する地域ハブとして確立します。

同社は投資の正確な規模を明らかにしなかったが、この施設に今後2、3年で多額の投資を行うと述べた。 75エーカー以上の土地を所有しており、工場は2023年までに稼働する予定です。

ダイキンインディアの会長兼マネージングディレクターであるKJジャワ氏は、インドを西アジア、スリランカ、南米、アフリカなどの市場にサービスを提供する産業ハブにしたいと述べた。

「インドは私たちの最も急成長している市場です。ダイキンは、HVAC、空気ろ過、冷凍製品のポートフォリオを強化するという明確な戦略的意図を持っており、インドは開発ハブとして認識されています。インドは私たちの海上配送ハブになる可能性があると信じています。研究、開発、輸出のために。」

ジャワ氏は、エアコンの普及率は依然として5〜6%で成長しており、国内のエアコンセクターの成長には大きな可能性があると付け加えました。

アーンドラプラデーシュ州にあるダイキンインドの製造施設には、3000人以上の雇用を創出する能力があります。

同社は現在、ラジャスタン州に2つの製造施設を持っており、インド南部に3番目の工場の候補地を探しています。

「アーンドラプラデーシュ州スリシティに3番目の製造ユニットを立ち上げることで、ダイキンは今後数年間でエアコンの輸出で力強い市場成長を達成することを目指しています」とジャワ氏は付け加えました。

READ  2021年の政府債務の雪だるま式を想像してみてください