Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の天皇、がん診断後初の国賓訪問でチャールズ国王を「家族のような人」と歓迎

日本の天皇、がん診断後初の国賓訪問でチャールズ国王を「家族のような人」と歓迎

首相と野党指導者が出席するが、ダウニング街訪問などの政治的要素は選挙期間中は撤回された。

衛兵音楽の変更は宮殿の聴衆に敬意を表するものであり、2人の旧友は国王と皇帝としての新しい役割において贈り物を交換します。

国王の訪問は、国王ががんと診断されて以来初めてであり、天皇陛下も2019年に菊の玉座に就いて以来初めてとなる。 皇后両陛下はエリザベス2世の葬儀費用を支払うため英国へ飛ぶ予定だ。 ウィンザー城にある彼の終焉の地に再び敬意を表します。

64歳の天皇は、10代の頃、オックスフォードのマートン大学で2年4か月学び、テムズ川の「歴史と機能」を研究した。

滞在中、彼はテムズ川関門に魅了され、英国滞在時の回想録「チャールズ皇太子の温かい序文を添えたテムズ川と私」を執筆しました。

この文書には、アンドリュー王子とエドワード王子との「非常にカジュアルで楽しい」お茶、アレクサンドラ王女の訪問、アン王女との昼食、そして故女王が英国滞在中にロンドンとスコットランドで数回受けた精緻な王室レセプションの様子が記されている。 。 帰宅してマーガレット王女と電話。

「バルモラル周辺の広い広場で彼らが休暇を楽しんでいた様子が彼に感銘を与えた」と彼は書いた。

2006年、当時のチャールズ皇太子は英国と日本の「緊密な友好関係」を祝い、「天皇家のご家族を英国に迎えることができるのはいつも嬉しいことだ」と書いた。

同氏は国賓訪問中の演説でもこうした感情を反映するとみられる。

ある情報筋によると、君主は日本に深い愛情を抱き、50年間に5回も日本を訪問したという。

君主はウェールズ皇太子として、2019年10月22日に皇居で行われた天皇陛下の即位式や、1990年と2008年の当時のコーンウォール公爵夫人らによる訪日にも出席した。

現在バッキンガム宮殿の予約ホスティングは不可能と言われているため、今回日本人ゲストはホテルに宿泊することになる。

モールは到着に先立ちすでに日本の国旗で装飾されており、これは6月29日まで続く。

READ  日本とそれ以降:写真の週