Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の新しい大蔵大臣鈴木はどんな急激な円の動きに対しても警告します

東京(ロイター)-鈴木俊一財務相は木曜日、為替市場を注意深く見守っていて、円が対ドルで18ヶ月ぶりの安値を付けていると述べ、急激な通貨の動きについて警告した。

少数の報道機関へのインタビューで、最近の円安について尋ねられたとき、新財務相はコメントした。 今年の初め以来、円は対ドルで約8%下落しています。

日本の政策立案者は、円高が輸出依存型経済に打撃を与える可能性があると警告する傾向があります。 しかし、鈴木氏のコメントによると、当局は円安が急速に進んでおり、それが資源の乏しい国の輸入コストを上昇させる可能性があることも懸念している。

鈴木氏は、「日本経済にとって、通貨の安定は重要である。通貨市場の動きを注意深く監視する」と述べた。

同氏はまた、「市場に影響を与えてはならないため、通貨水準についてのコメントは控える」と付け加えた。

鈴木首相は、岸田文雄首相の新政権下で、前任者であり義理の息子である麻生太郎の後任として月曜日に就任した。

エネルギー価格の上昇がインフレに拍車をかけ、金利を上昇させる可能性があるという懸念から、ドルは上昇していました。 日米間の大きな金利差もまた、円に対するドルを支えるのに役立った。

円は対ドルで111.30で落ち着き、先週の木曜日に見られた112.08の18か月の安値の視界にとどまりました。

鈴木氏は、計画されている刺激策について尋ねられたとき、その規模と内容についてコメントすることを拒否し、与党連立とこの問題について話し合う必要があると述べた。

大臣は、2026年3月期までに一次財政黒字を達成するという政府の目標を繰り返したが、その巨額の景気刺激策は遠い目標のように思われる。

鈴木氏は、「慎重な歳出改革」の必要性を強調し、来年度に向けて「質の高い予算」を用意することを約束した。

(梶本哲史による報告、キム・チャン・ラン、アンナ・ニコラス・ダ・コスタ、キム・コーゲルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  牡蠣が日本のオリンピックスタジアムを越え、128万ドルの修理につながった