Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の映画館はウクライナで1970年の映画を上映しました

日本では、ロシアの侵略後、現在のウクライナで撮影された画期的なシーンである1970年の映画「ひまわり」を上映する劇場が増えています。

彼らは、現在のウクライナの状況に応じて、第二次世界大戦のために分離されたイタリア人のカップルを描いた映画を監督しています。 興行収入の一部は、ウクライナ危機に関連する人道援助に使用されます。

首都キーウの南約500キロにある現在のウクライナのヘルソン州で撮影された有名なシーンで、ひまわり畑の地元の女性は、イタリア人とロシア人の捕虜の遺体がひまわりに埋もれていると言います。

映画配給会社UnpluggedInc.の34歳の営業担当者、池田百合。 東京を拠点とするロシアのウクライナ侵攻のテレビ画像は、彼女にそのシーンを思い出させた。 「映画と今起こっていることには、人々が紛争によって分裂しているように、非常に強い共通点があると思います」と彼女は言います。

池田が連絡をとった直後に、3つの映画館がこの映画を上映することにしました。 Unpluggedは、ツイッターの番組に通知が投稿された後、全国の他の劇場からの問い合わせに襲われました。

現在スキャン中の「ひまわり」は、2020年にUnpluggedによって作成された復元バージョンです。同社の最先端技術により、画面の傷やノイズが低減されています。 これまでに、日本の約90の映画館がこの映画を上映することを決定しました。

Unpluggedは、映画の収益の一部を日本赤十字社などの団体に寄付します。

池田がショーを依頼した劇場のひとつは、新潟県上越市の高田世界館でした。

映画の監督である上野みちなりさん(34)は、「人々が今起こっていることを受け入れ、気にかけるのに役立つ」ことを期待して、映画を上映することに決めたと言います。 上野氏によると、映画のプレミア公開後、高田世界館への訪問者数は5倍に急増したという。

「私たちは映画を通して観客にフラッシュバックを提示することができます」と上野は言います。 「私たちは世界中で何が起こっているのかを示し続けたいと思っています。」

「ひまわり」を上演する劇場の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 ほまわり2020.com (日本語のみ)。

COVID-19ガイドラインに沿って、政府は居住者と訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪問することを選択した場合は注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ダウンタウンステートカレッジの1つの場所でアジアの食品、飲料、食料品を提供する3つの新しいビジネス