Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の気候変動政策は「京都の遺産の上に構築できていない」| 京都議定書

遠くの庭師の騒音を除けば、京都国際会議場ではすべてが静かで、その灰色のコンクリートの壁は 12 月初旬の午後の空と一致しています。 秋の紅葉はまだ近くの森の枝にしがみついており、ハイカーのグループが薄手のズボンと T シャツでルートを計画しています。 気候危機.

ロバート・ミッチャムの 1974 年の映画「ヤクザ」に登場したことで有名になったこの場所は、人けのない場所です。 そのドアは閉ざされており、許可されていない人員に近づかないように警告する標識が芝生に点在しています。

何百人ものジャーナリストや活動家が、缶コーヒーや持ち帰り用の食事を燃料として、Cop3 のブレークスルーのニュースを待っていた 25 年前の熱狂的な活動とはかけ離れています。 化石燃料.

1997 年 12 月 11 日、一晩中続いた交渉の後、彼は 京都議定書 では、160 の締約国 (後に 192 の締約国) が、2008 年から 2012 年の間に温室効果ガス排出量を 5.2% 削減することを約束しました。

サミットの主催者である日本は、この合意を大きな成果として歓迎しました。先進国と発展途上国が法的拘束力のある二酸化炭素削減目標に署名したのは初めてです。

田浦健郎代表取締役社長 気候ネットワーク京都を拠点とする非政府組織です。 「それまで、ほとんどの国は化石燃料の使用に基づいて経済成長を追求することを決意していましたが、京都議定書により、これは正しいアプローチではないと確信しました。」

議定書はまた、 パリ気候協定. 米国が批准を拒否したため、この協定は失敗だったと嘲笑する人もいましたが、いくつかの顕著な成功を収めました。 彼は世界的な炭素取引システムを構築し、炭素会計の技術的側面の多くを作成する際に、修正された形で今日でも使用されています.

それ以来、各国の排出削減目標を設定するための「トップダウン」システムは放棄され、「国が決定する貢献」として知られる「ボトムアップ」の取り組みが支持されるようになりました。気候危機は続いています, それは先月の引火点の一つでした 警官 27 エジプトのシャルム・エル・シェイクで開催された国連気候サミット。

「京都議定書は、各国が協力して温室効果ガス排出量を削減する最初の機会であったため、気候変動対策のランドマークです。」 日本環境省が明らかにした。

「日本は、京都議定書に対応して、日本だけでなく、排出量が大幅に増加している開発途上国でも排出量を削減し、世界の排出量削減に貢献します。」

2005 年に発効した議定書の記念日は、米国を除いて、今週開催都市ではほとんど注目されませんでした。 ただし、ファンファーレの欠如は誤解を招くものです。 サミットから四半世紀、京都市 彼は気候変動に取り組む取り組みの最前線に立ちました、たとえ日本政府が喜んでいるとわかったとしても。

2019 年、京都市は 2050 年までにネットゼロの目標を発表した最初の日本の都市となり、2021 年 3 月には、石炭発電からの脱却を目指す国際キャンペーンである Powering Past Coal Alliance に参加した最初の都市となりました。

Are You Kyoto? のプロジェクト マネージャーである松本祥子氏によると、Cop3 から 20 年間で、京都は廃棄物の量を半減し、エネルギー消費を 31% 削減しました。 これらの言葉は、地球を救うために行動を起こしているかどうかを人々に尋ねる方法として、2007 年に街を訪れた際のものです。

京都は、CDP で指定された 4 つの日本の都市の 1 つです。 既存 気候変動に対する彼女の「大胆な行動」が認められた2022年の賞。 毎月 16 日 (議定書が発効した 2005 年 2 月) には、屋外の照明が暗くなるかオフになり、乗客は公共交通機関に乗り換えるよう促され、ディナーはキャンドルとランプに照らされたレストランで食事をします。

「市は気候変動をリードする責任を感じており、それは COP3 の遺産の一部です」と松本は述べました。 「京都の多くの人々は若すぎて実際のサミットを覚えていないかもしれませんが、彼らは気候危機と、京都がネットゼロの目標を達成するのを助けるための協力の必要性を認識しています。」

対照的に、日本政府は、Cop3 の遺産の上に構築するのに苦労してきました。 昨年の時点で、再生可能エネルギーは日本のエネルギー ミックスの 20% 強を占めており、ドイツ (2022 年上半期の 49%) や英国 (39%) を大きく下回っています。 原子力は 7% 弱を占め、石炭、石油、LNG が日本のエネルギー ミックスを支配し、74% のシェアを占めています。

主要な石油、ガス、石炭プロジェクトへの資金提供におけるその役割により、世界第 5 位の温室効果ガス排出国である日本は、「化石賞Cop27 サミットでの Climate Action Network から。

福島の危機により日本が原子炉を停止し、化石燃料の輸入を増やすことを余儀なくされてから10年以上が経ち、政府は再び 核になる 彼がそれを達成するのを助けるために カーボンニュートラル 2050 年までに、再生可能エネルギーに焦点を当てるべきだと信じている環境活動家の悔しさに。

「日本政府は、気候変動に対する実際の行動を遅らせる方法として、『原子力発電でやろう』というマントラを使用している」と、グリーン・アクションの事務局長アイリーン・スミスは述べた。

核エネルギー スミス氏は、京都が位置する地域に電力を供給している関西電力の計画を引用して、気候変動に今後5年間で1兆円(59億ポンド)以上を費やし、その投資の70%を原子力に投じる計画を挙げた。セクタ。 これは、二酸化炭素排出量を削減するための効率が低く費用のかかる方法にお金が費やされることを意味します。 原子力発電所は古いので、それは長期的ではありません。

Cop27 の日本代表団の間で、京都の遺産を磨き上げたいという願望の証拠はほとんどなかった。 日本は 2 週間の会議で小さな役割を果たし、温室効果ガスの排出量を産業革命以前の水準から 1.5°C に制限するという世界的な目標を再確認する動きを支持しましたが、この問題に関して重要な公的立場をとることはありませんでした。

日本の岸田文夫首相はサミットに出席せず、出席した 100 人以上の世界の指導者たちとの距離を置いた。

田浦氏は、原子力発電の再開に対する日本の熱意と再生可能エネルギーの慎重な採用は、日本が京都議定書や日本の三重のメルトダウンから「何も学んでいない」ことを示していると述べた。 福島.

「ヨーロッパは、京都議定書の精神に沿った措置を講じるためにより多くのことをしたと思います」と彼は言いました。 しかし、日本は一貫して間違った選択をしてきました。 原子力発電の増加を気候変動政策の中核に据えるという決定は、省エネルギーと再生可能エネルギーの推進にとってもう 1 つの後退です。 残念ながら、日本は京都の遺産を築き上げることができませんでした。」

READ  クリス・プラットはマリオである可能性があります。なぜなら、彼らは明らかにすべてのイタリアのものを手に入れたからです。