Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の財務省委員会は、ロシアの最恵国待遇を取り消すことを推奨している

東京:火曜日に日本の財務大臣の諮問委員会は、モスクワのウクライナ侵攻を受けて、ロシアの最恵国待遇を廃止するために法律を変更すべきであると勧告した。

岸田文雄首相がモスクワの名声を剥奪することを誓った数週間後、日本はロシアに対する制裁について先進国7カ国のグループと連携し続けたため、この勧告が出された。

委員会は、「G7首脳の声明に従い、必要に応じてロシアに対するさらなる制裁を採択する際に国際社会と調整するという観点から、関税に関するロシアのMFNの扱いを取り消す」と述べた。

委員会は、法律と法令の見直しを通じて、世界貿易機関条約によって課された優遇関税のロシアによる採択の取り消しを求めた。

法改正により、日本のロシアからの輸入関税が10%(1500億円)引き上げられる。 現在、日本のロシアからの輸入額は年間1.5兆円です。

政府のデータによると、2021年には、ロシアが日本のウニの輸入の81%、カニの輸入の47.6%を占めていました。

ロシアの優先国の地位を取り消す際にWTO条約の優遇関税が撤廃されると、関税はイクラ、サーモン、トラウトなどの特定の魚製品の3.5%のWTO率から5%に上昇します。 カニは関税が4%から6%に引き上げられることになります。

委員会は、松などの削材の関税は、WTOの優遇税率4.8%から8%に引き上げられると述べ、措置は、発行の翌日から2023年3月の年度末まで実施されると付け加えた。

ロシアは、2月24日のウクライナ侵攻を、隣国を武装解除するための「特殊作戦」と表現した。 西側はそれが不当な侵略を開始したと言います。

侵略を受けて、日本政府は、G7諸国に沿って、100人を超えるロシアの役人、オリガルヒ、銀行、その他の機関に資産凍結制裁を課しました。 日本はまた、ロシアへのハイテク輸出を禁止している。

(梶本哲史による報告、AndrewHeavensとBernadetteBohmによる編集)

READ  日本は10カ国以上で受け入れられるワクチンパスポートを求めています