Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の野村は、3年間で税引前ベーシックインカムを最大90%増加させることを目標としています

2015年12月1日、東京の野村ホールディングスのロゴの写真。REUTERS/花井徹

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

東京(ロイター)-野村ホールディングス(8604.T)は、日本最大の証券会社および投資銀行が収益を追求するアドバイザリーサービスを強化する計画であるため、3年間で税引前基本利益の90%の増加を目標としていると述べた。 市場のボラティリティに対する脆弱性が低くなります。

奥田健太郎最高経営責任者(CEO)は火曜日の投資家との会談で、「市場のボラティリティが非常に高い中、安定したリターンで事業を拡大していく」と述べた。

中期決算でガイダンスの概要を示した野村氏は、火曜日に、3つの中核部門の税引前利益を3500億円から3900億円(27億ドルから30億ドル)にすることを目標としていると述べた。 2025年3月。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

これは、2022年3月までの1年間に記録された2,052億円と比較することができます。

推進要因の1つは、グローバルな投資銀行アドバイザリービジネスです。特に、クリーンテクノロジーのM&AアドバイザーであるNomuraGreentechが主導するサステナビリティ関連の取引です。 野村氏は、今後3年間でコンサルティング収益を50%以上増やすことを望んでいます。

また、アジアでのウェルスマネジメント事業を強化する予定です。

米国の投資ファンドアルケゴスの崩壊による29億ドルの損失を含む、時には重大な経済的損失を伴う海外展開の試みの激動の歴史を持っていた野村にとって、安定した収入源を育成することは重要でした。

野村氏はまた、機関投資家が暗号通貨、ステーブルコイン、分散型ファイナンス、および非代替トークンにリンクされた製品を取引できるようにするデジタル資産会社を今年後半に設立すると述べた。

(ドル= 128.9100円)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

山崎マキコによる報告。 MuralikumarAnantharamanとChristopherCushingによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  タイタンフォール2には新しいプレーヤーの波がありました