Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の電力会社、サハリン 2 と LNG 契約を結び、同じ条件を維持

日本の電力会社、サハリン 2 と LNG 契約を結び、同じ条件を維持

一部の日本の電力会社およびガス会社は、サハリン 2 ガスおよび石油採掘プロジェクトの新しいロシアのオペレーターとまもなく新しい契約を結ぶ準備ができています。

8月18日に提供された複数の情報源からの情報によると、新しい契約は、エネルギー価格と配送量に関して以前と同じ条件を企業に残します。

日本の公益事業関係者は、新しい所有者の下でこのプログラムにとどまりたいと語った。

「期限が近づいたら、(サハリン2の新しいオペレーターに)契約に署名する意思があることを通知します」と関係者は述べた.

新しいオペレーターが日本に不利な条件を提供するのではないかと心配する人もいましたが、そうではないようです. しかし、所有権の突然の変更に不安を感じている人もいれば、新しい契約の譲歩は、ロシアがある時点で供給を支配するのではないかという懸念を和らげていません.

しかし、より多くの日本の電力会社がこれに追随すれば、日本は冬を前に一定量の液化天然ガス (LNG) を確保できると期待できます。 この供給は、日本のエネルギー安全保障にとって極めて重要です。専門家は、寒い季節に暖房をオンにすると、電力とガスの不足が発生する可能性があると警告しています。

ロシアの国営エネルギー会社ガスプロム、英国の石油大手シェル、日本の三井物産。 そして三菱商事。 全員がロシア極東のサハリン 2 プロジェクトに関与していた。 しかし、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、6月末に大統領令に署名し、プロジェクトを8月5日に設立された新しい機関に移管するよう指示した。

日本のコングロマリットである三井物産と三菱商事は、新しいサハリン 2 オペレーターから、9 月 4 日までにプロジェクトへの出資を継続するかどうかを決定するよう求められました。

政府は三井物産と三菱商事に新会社への参加を「真剣に検討する」よう求めているが、彼らの意図はまだ明らかにされていない.

情報筋によると、プロジェクトの新しいオペレーターは、日本の電力会社との新しい契約に署名する期限を 8 月末に設定しました。

これらの日本の電力会社の一部は、三井と三菱のプログラムへの参加を継続するかどうかを決定する前に、新しい契約を結ぶために様子見のアプローチを取っています。

「パートナーがガスプロムだけの会社と契約を結ぶのは恥ずかしい」と彼らの一人は言った。

日本は LNG 輸入の約 10% をロシアに依存している。

ロシアが日本へのエネルギー供給を遮断した場合、日本の電力会社は短期市場を通じて高騰した価格で LNG を購入しなければならないため、電力とガスの価格がさらに上昇する可能性があります。

多くの企業が新しい事業者と契約することで、少なくとも今のところ、日本のエネルギー供給に関する懸念が和らぐ可能性があります。

7月、ロシアはノードストリーム1パイプラインを通じてドイツに送るガスの量を突然削減し、インフラストラクチャを検査して維持する必要があると主張した. しかし批評家たちは、ロシアがウクライナへの侵略に抗議することでヨーロッパを罰していると非難している。

ロシアが国のバランスを崩すために日本のようなことをするのではないかと懸念する人もいます。

「現在、(サハリン 2 を通じて)エネルギーが供給されていますが、冬が来たら、ロシアは『供給を削減します』と言うかもしれません。まだ安心することはできません」と関係者は語った。

(この記事は宮川淳一と岩澤子規が執筆しました。)

READ  Hong Chengインデックスは一時的に3%低下しました。 石油の減少はほぼ3%