Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の高校野球チームは長めのロックを選択

日本の高校野球チームは長めのロックを選択

読売新聞
8月16日、兵庫県西宮市の甲子園球場で髪を伸ばした神奈川県慶応高校の選手たち。

かつては丸刈りが日本の高校球児の伝統的な髪型だったが、長めの髪を選ぶ学生が増えたため、その習慣は短くなったようだ。

全国大会に出場するほとんどの学校は丸刈りを好むが、少なくとも7つの高校の選手たちは、兵庫県西宮市の甲子園球場で開催された今夏の全国高校野球選手権大会で接戦をすることができなかった。

日本高等学校野球協会が6月に実施した調査によると、全国的には、選手に丸刈りをさせている高校野球チームは約26%にとどまる。

今夏の全国大会出場校のうち、岩手県の花巻東高校は2018年大会から、パフォーマンスに支障がない限り、球児の髪型自由を認めた。 同校は、生徒が特定の髪型をする理由は見当たらないと述べた。

チームの選手は「重要なのは見た目ではなく、パフォーマンスだ」と語った。 「私たちはまた、外見に基づいて他人を判断しないように努めています。」

京都府の立命館宇治中と立命館宇治中は昨年の秋季大会を最後に丸刈りを中止した。 同校は、他の高校選手にはファンファーレカットの義務はなく、野球選手だけがファンファーレカットをしなければならない理由はない、としている。

月曜日の準決勝に進出した神奈川県の慶応高等学校は、第二次世界大戦直後の全国高等学校野球選手権以来、選手に髪型の自由を与えていると言われている。

京の森林貴彦監督は「全く違うチームがいることは普通に受け入れられるべきだ」と語った。

全国大会で短髪ではなかったチームとしては、静岡県の浜松開成館中学校・高等学校、香川県の栄美高等学校などもあった。

日本高等学校野球協会が5年ごとに実施する高校野球全国調査の今年版によると、部員の耳鳴りが軽減したと回答したのは26.4%にとどまり、前回調査の76.8%から大幅に低下した。 。

新入部員の獲得に苦戦している学校を中心に、選手に髪型を自由に選ばせる学校が増えている。

しかし、全国選手権への出場権を獲得する多くの競争力のあるチームにとって、人員削減は依然として標準となっています。

長崎県の寿志館高校で野球部を担当する中村俊文教諭は、この伝統が「チームに一体感を与えている」と語る。

福島県の聖光学院高校や宮城県の仙台育英学園高校も、きちんとした上品な見た目の重要性などを理由に、この習慣を守っている。 奈良県の智敏学園中学校・高等学校によると、選手の髪型に規定はないが、選手たちは今でも伝統的な方法で自主的に髪を切っている。

今年の夏の大会に24位で出場した広島県広陵高校の選手たちは、スポーツ界全体が低迷している。

広陵の中井哲之監督が今春、髪を短くするのをやめるように提案したとき、チームはそれが学校の歴史の一部であり、それを変えたくないとして、その考えに反対した。

広陵チームの主将、小林早矢香さんは「寮でお互いの髪を切り合えば時間も労力もかからない。長い髪はどうせ似合わない」と話した。

読売新聞
広島県広陵高校の選手たちが、8月16日の甲子園球場での試合前に陣痛を起こした。

高知大学の中村哲也准教授(スポーツ史)はこう語る。 [that qualify for the national tournament] 髪型のルールを変更する必要がないので、新しいプレーヤーを引き付けることができます。 選手たちの多くは過酷なトレーニングにも慣れており、厳しいルールに抵抗を感じていないのかもしれない。」

中村氏は「今は過渡期だ」と語った。 「プレイヤーが髪型を選択できるアニメーションは今後も拡大していきます。」

READ  マンチェスター・ユナイテッドのライブストリーム:フリンポンとのチェルシーの戦い、アーロンズを狙うテン・ハグ - 最新