Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、公共ジュニアクラブ活動の運営を地域社会に変えることを目指しています





東京の千代田区には、文部科学省、文化庁、スポーツ庁のある建物があります。 (毎日/根岸元弘)

東京-スポーツ庁の専門委員会は、課外クラブ活動の運営組織を学校から民間クラブや地域社会の他の組織に移すための措置に関する提案を提出した。

提案は6月6日にスポーツ庁長官室伏広治に提出された。 勧告に基づいて、政府機関は地方自治体や他の機関に、現在公立中学校で休日に行われているクラブ活動を休日に地元のコミュニティに移すことを奨励します。 2023年度から始まる3年間。

提案されたイニシアチブの下で、私立クラブやジュニアスポーツクラブを含む団体は、学校から課外活動の管理を引き継ぐことが期待されています。 地域によって状況が異なるため、標準的な手続きを採用するのではなく、各地域に関係者協議会を設置して検討します。

このイニシアチブは、民間クラブや他のグループのコーチが課外クラブに所属する学生を指導できるようにすることで、コースの指導に加えてクラブ活動の監督を任されることが多い教師の長時間労働を是正することを目的としています。

この動きはまた、日本の少子化の中で子供たちがスポーツ活動に参加する機会を確保することを目的としており、学校のクラブが自力で走るのに十分な会員を確保することがますます困難になっています。 新しいイニシアチブを実現するためには、クラブの活動の新しい運営組織が十分な数のコーチと財源を確保できるかどうかという問題が主な問題になります。

文部科学省は、2020年9月に、休日に行われるクラブ活動の運営組織を学校から地域の私立クラブなどに移管する方針を最終決定した。 文部省の外部事務所であるスポーツ庁は、2021年10月に設置された専門委員会でこの問題について話し合った。文化庁も同様に、文化クラブ活動の運営組織を民間団体に変えることを検討している。

(スポーツニュース部小林祐太、東京シティーニュース部イ・ヨンホ作の日本語原作)

READ  プレーヤーズチャンピオンシップとのPGAツアーのクラウンジュエル