Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は「可能な限り」COVIDブースターショットを提供します

政府高官によると、オミグロンコロナウイルスの亜種の蔓延に対する懸念が高まる中、日本は2回目と3回目のCOVID-19ワクチン接種の現在の8か月間のギャップを「可能性のある場所」に縮小する。

フジテレビでスピーチ、モデルナ株式会社木原誠二副首相彼は、COVID-19ワクチンの承認を待っている間、政府は地方自治体と協力して「その有効性に基づいて」ギャップを少なくとも6か月に短縮していると述べた。 覚醒剤として使用してください。

12月 2021年1月1日、東京の八王子で、看護師(R)がKovit-19ブースターショットを受け取りました。 (京都)

連邦政府は当初、ブースターショットの最小間隔を8か月に設定しましたが、例外的なケースでは6か月に短縮しました。 しかし、その後、再び政策を「理論上8ヶ月」に改定し、地方自治体の混乱を招いた。

先週の水曜日に日本ファイザー株式会社。 また、バイオエヌテックは、SEが開発したワクチンの3回目の接種を、少なくとも8か月前に2回目の接種を受けた医療専門家に提供し始めました。

ファイザーワクチンは現在、日本でブースターとして認識されています。 しかし、政府は、ブースターワクチンは前の2つのワクチンとは異なるブランドである可能性があると述べています。

木原氏によると、ModernaのGovt-19ワクチンは、ブースターショットや作曲にも使用でき、承認されれば適合します。

政府筋は、「ワクチンがオミグラン株に対して有効であるという仮定に基づいて、ブースターショットを提示している。ブースターのワクチン接種を迅速に受けたいと考えているModernaの高齢者がいると予想している」と述べた。

琴保健相はNHKのテレビ番組で「配信に問題はない」と述べ、「政府は混乱を避けるために映像をどのように管理するかを検討する」と強調した。

READ  調査対象の主要な日本企業の97%が職場のCOVIDワクチンを計画しています