Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はアジアへの輸出が弱体化するにつれて経済見通しを引き下げる

東京(ロイター)-中国のCOVID-19感染と、テクノロジーと半導体に対する世界的な需要の減速が、特にアジアへの輸出に打撃を与えたため、日本は1月に11か月ぶりにマクロ経済見通しを下回りました。

報告書は、政府は世界第3位の経済が今後回復することを期待しているが、日本は厳格な感染拡大の制限を解除した後、中国での感染拡大の影響に十分注意する必要があると述べた。エピデミック。

格下げは、世界的な需要の減速が輸出に依存する日本の経済に影響を与えるという懸念の中で、日本銀行が先週の次の 2 会計年度の経済成長予測を引き下げた直後に行われた。

内閣府の最新の報告によると、「景気は緩やかに回復しているが、足もとでは弱さがみられる」。

当局は、2011 年 11 月以来初めて輸出の評価を引き下げ、輸入の評価を 3 か月ぶりに引き下げました。 1月の報告書は、輸出と輸入の両方が先月の「ほぼ横ばい」の見通しと比較して「最近弱まっている」と述べた.

内閣府の担当者は「中国での新型コロナウイルスの感染拡大は、日本の輸出や生産に影響を与える可能性があり、その可能性は先月よりも明確になった」と述べた。

政府はまた、金融政策の引き締め、インフレ、不安定な金融市場の中で、世界経済の減速による下振れリスクについても慎重な姿勢を保っています。

一方、内閣府は、最新のレポートで個人消費が「緩やかに増加している」と述べ、日本の内需の評価を維持しました。

しかし政府は、鉱工業生産の回復は失速しており、12月の見解から変わっていないと述べた。

(取材:金子かおり) 編集:ジャクリーン・ウォン

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  Play Days 2022:PS5およびPS4のゲームとアクセサリーの最高の割引