Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオミクロンへの恐怖の中で仕事の初日を始める

コロナウイルスに対するオミクロンの懸念が高まる中、日本の中央政府、地方自治体、および多くの企業が火曜日に最初の営業日を開始しました。

伝染性の高いオミクロン株は、年末年始にかけて日本で広がり続け、月曜日に全国で782件のCOVID-19の新規症例が報告されました。 東京では、同日、ほぼ3か月ぶりに1日あたりのカウント数が100を超えました。

保健省の関係者は、「完全にリラックスすることはできなかったが、それでも少し休むことができた」と述べた。 「新たな気持ちで働きたい」 「今年はコロナウイルスに打ち勝つ決意だ」と東京都当局者は語った。

新しいコロナウイルスの恐れの中でフェイスマスクを着用した旅行者は、2022年1月4日に官公庁やほとんどの企業の年初営業日にJR東京駅を通り過ぎます。(京堂)==京堂

東京駅では、朝、スーツ姿のサラリーマンが急い​​で職場に駆けつけた。

「コロナウイルスが心配だったので、休暇中は旅行しませんでした」と、この期間に10日間休んだ58歳のサラリーマンは言いました。 「今年の経済が改善することを願っています。」

東京の神田神田では、スーツを着た多くの訪問者が竹の熊手を購入しました。これは、ビジネスで成功をもたらす幸運のお守りと考えられています。

「パンデミックにもかかわらず、私のビジネスは繁栄しました。今年もこれからも頑張っていきたいと思います」と、ビルのメンテナンス会社に勤める渡辺陽一郎さん(38)は語った。

西日本の主要な交通ハブである大阪駅前のバス停に乗客が列を作った。

山下明子さん(38)は、パンデミックの最中に自宅で仕事をした後、会社の指示に従って、オフィスへの往復の90分の通勤を再開したと述べた。 「新しい趣味に時間を費やすのが好きでした。この新しい生き方を定着させたかったのです」と彼女は言いました。

北京冬季オリンピックが始まるまであと一ヶ月で、スポーツ庁の関係者は「選​​手たちの能力を最大限に発揮できるように応援したい」と語った。

東日本旅客鉄道の深澤祐二社長は、東京にある本社での新年の挨拶で、「ホリデーシーズンには顧客がやや戻ってきた。今年を変化と挑戦の年にしよう」と語った。

東京電力株式会社の社長兼運営者である小早川智明氏は、東北地方太平洋沖地震と津波で麻痺した福島第一原子力発電所で、約150人の従業員に「福島の責任を果たすことが最も重要だ」と語った。

「私たちは、駅の廃止措置と地域の再建の両方を達成するために、この地域への信頼を回復する必要があります」と彼は言いました。

日本政府は、2023年春に福島第一原子力発電所からの処理済み放射性水を海に放出することを決定し、東京電力の小林喜光総裁は、関係者との対話の準備をオンラインで指示した。

計画された放水は、地元の漁業コミュニティだけでなく、近隣諸国の中国や韓国の間でも懸念を引き起こしています。


関連するカバレッジ:

日本の首相は、1月中旬までに米国とオーストラリアに向かい、COVIDに焦点を当てることはありません。

東京株が急騰したため、2022年初頭にドルは5年ぶりの高値まで上昇した。

中国を怒らせた北京オリンピック開始の1か月前に流行が広がることへの懸念が高まった。


READ  バングラデシュは投資機会に満ちています