Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は世界的な通貨引き締めトレンドに抵抗。 円は24年ぶりの安値を更新

シンガポール(ICIS)-日本の中央銀行は木曜日に超低金利を維持することを決定し、円を24年ぶりの安値に押し上げたインフレの上昇との戦いで世界的な金融政策の引き締めを引き起こした.

9 月 21 日に米連邦準備制度理事会 (FRB) が新たに 75 ベーシスポイントの利上げを提案したにもかかわらず、日本銀行 (BoJ) は短期金利をマイナス 0.1% に、10 年物国債の利回りを 0% に維持しました。 . .

日本の総合消費者物価指数(CPI)は8月に約3%上昇したが、エネルギーと生鮮食品の価格を除いた「コアコア」CPIは1%台半ばだったと日銀は述べた。

シンガポールに本拠を置くTBS Group Researchのメモによると、最新の指標は、日本のコアインフレ率が目標の2%を下回っていることを示しています。

日銀は、現在の政策枠組みの下で暗黙の 2% のインフレ目標を掲げています。

「日銀は現在、総合消費者物価指数とコアCPIの上昇を一時的な現象と見なしている。コアCPIを2022年度の2.3%から2023年度には1.4%に引き下げる計画だ」とDBSは付け加えた。

日本の中央銀行は、エネルギー、食品、耐久財などの商品の価格が上昇するにつれて、CPI が今年後半に前年比でさらに上昇すると予想しています。

「その後、こうした物価上昇が消費者物価指数に与える影響は減少する可能性が高いため、上昇率は緩やかになると予想される」と述べた。

日本円は木曜日に米ドルに対して145.87の24年ぶりの安値まで下落し、政府の介入を促して円を支えた。

「我々は(為替市場で)断固たる行動を取った」と日本の国際問題担当副財務大臣である神田正人氏はNewswireに語った。 ロイター 彼らは言った。

GMT 09:45 に、円は米ドルに対して 142.68 円で取引され、141.4 円の日中最高値を記録しました。

日銀の決定は、強い米ドルをしっかりと支えてきた中央銀行の積極的な金融引き締めスタンスとはまったく対照的です。

中央銀行は今年、3 回目の 75bps の利上げを発表し、主要金利を 14 年ぶりの高水準である 3.00 ~ 3.25% に引き上げました。

何年にもわたるデフレの後、日銀が金融政策に関してハト派的なスタンスをとっているため、日本円は米ドルに対して 25% 以上下落しています。

日本の石油化学会社の株式は木曜日に下落し、旭化成は0.20%下落、三井化学は0.49%下落し、主要な日経225指数は0.58%下落して27,153.83で取引を終えた。

フォーカス記事 ノールルクマン・スラトマン

パール・パンディロウによる追加報告


ここをクリック
紛争が石油、ガス、肥料、化学市場に与える影響を調べたウクライナのトピック ページをお読みください。

READ  日本の自動車メーカーは再びジャンプする準備をしています