Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は中国との会談で海峡の平和を強調

日本は中国との会談で海峡の平和を強調

昨日、日本の外務省は、日本政府が 4 年ぶりの北京との公式安保協議で、台湾海峡の平和と安定の重要性を強調したと述べた。

世界第 2 位と第 3 位の経済大国間の緊張を緩和することを目的とした会談は、ロシアによるウクライナへの攻撃を受けて、北京が台湾を支配するために武力に訴え、日本を巻き込み、無力化する可能性のある紛争を引き起こしかねないことを東京が懸念しているために行われた。 世界貿易。

中国の孫衛東外務次官は、関係が停滞したり衰退したりしないように、中国と日本は「違いを適切に処理」すべきだと述べた。

写真:AP

中国外務省は火曜日、現在の複雑で変化する国際的および地域的状況に直面しても、日中関係の重要性は変わらないと述べた。

台湾は両国間の基本的な信頼の重要な問題の 1 つであると Sun は述べ、中国は日本が歴史から学び、平和的発展の道と北京の「一つの中国」の原則を順守することを望んでいると付け加えた。

中国は日本の軍事力増強に警戒していると述べ、東京は北京とロシアの軍事関係とスパイ気球の使用の疑いを標的にした。

日本は昨年12月、中国が軍事行動に訴えるのを思いとどまらせるため、今後5年間で防衛費をGDPの2%に倍増する、総額3200億ドルにすると発表した。

昨年、防衛費を 7.1% 増加させた北京は、日本の 4 倍以上の予算を自国軍に費やしています。

日本政府は、中国を攻撃できる長距離ミサイルを取得し、駐留する大規模なアメリカ軍とともに紛争を維持するために必要となる可能性のある他の弾薬を備蓄することを計画している.

「国際安全保障の状況は大きく変化しており、私たちは一国主義、保護主義、冷戦の考え方の復活を目の当たりにしている」と孫氏は会議の冒頭で述べた。

孫氏は会談後、日本の外務省を離れ、破壊された福島第一原子力発電所からの廃水を太平洋に放出することや、産業サプライチェーンの「開放」についても話し合ったと述べた。

彼は詳しく説明しませんでした。

中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、輸出の約 5 分の 1、輸入のほぼ 4 分の 1 を占めています。 また、日本企業の主要な製造拠点でもあります。

「日中関係には多くの可能性がある一方で、多くの問題や懸念にも直面している」と山田氏はザ・サン紙に語った。

彼は、日本では尖閣として知られる東シナ海の無人島、台湾と中国では釣魚台(釣魚台)をめぐる両国の領土紛争、最近の北京とモスクワ間の共同軍事演習、日本上空で発見された中国の観測気球の疑いを指摘した。少なくとも3回。 2019年以来。

中国外務省は、両国が「春頃に」直接の直接的な通信回線を確立し、治安当局高官間の対話を促進することで合意したと述べた。

コメントはモデレートされます。 コメントは記事に関連したものにしてください。 下品または下品な言葉、あらゆる種類の個人攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーは禁止されます。 最終的な決定は台北タイムズの裁量に委ねられます。

READ  ニューカッスルにあるTSUJIRIの新しい「ジャパニーズティーハウス」の内容をご覧ください。鮮やかなグリーンのドリンク、アイスクリーム、ケーキをご用意しています。