Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は最大の貿易協定のための別の一歩としてRCEPを批准した

RCEP画像:VCG

日本は水曜日、中国、シンガポール、タイによる同様の行動を受けて、地域包括的経済連携(RCEP)に合意し、世界最大の自由貿易協定の実施に向けた新たな一歩を踏み出しました。

専門家は、時宜を得た決定は、島国の米国との地政学的同盟にもかかわらず、中国市場への日本の輸出を後押しする地域貿易協定を通じて中国との貿易および経済連携を維持するという日本の熱意を反映していると述べた。

日本の共同通信は、日本の議会が、中国、韓国、東南アジア諸国連合を含むアジア太平洋地域の15か国が署名した貿易協定を承認したと報じた。

水曜日の時点で、中国、シンガポール、タイは認証手続きを完了しています。

中国がRCEPの批准を主導した後、2022年1月1日、上海研究所の研究員である趙ガンチェン氏が合意を実施するためのロビー活動を行うには、日本(この地域の大規模で発展した経済)によるタイムリーなフォローアップが重要になる環球時報のための国際研究の。

「これは日本にとって賢明な決断であり、中国北西部の台湾島と新疆ウイグル自治区に関連する地政学的問題について米国にどれほど密接に追随していても、中国との貿易と経済のパートナーシップを維持することを望んでいる」と趙氏は述べた。

「この合意は、日本経済の回復がオリンピックの流行と延期の影響を受けているため、今年、菅政権が国民の支持を得るために果たすことができる最も重要なカードかもしれない」と彼は述べた。

中国社会科学院日本研究所の元副所長である張智峰氏は、この合意により、アジアの2つの主要経済国間の自由貿易の取り決めが行われるため、中国と日本の間の貿易と投資が大幅に促進されると述べた。 水曜日の環球時報。

「協定の下で、日本の輸出の80パーセント以上が関税なしで広大な中国市場にアクセスできるようになり、逆もまた同様である。投資の自由化、知的財産保護、人と人との交流も強化されるだろう」と彼は述べた。

中国商務部のデータによると、2020年の中国と日本の貿易総額は前年比0.8%増の3,175億ドル、中国の日本からの輸入は1.8%増の1748.7億ドルでした。

投資に関しては、日本のすべてのセクターへの中国企業の投資は昨年42%増加して3億6000万ドルになりました。

張氏は、世界経済の原動力であるアジア経済は、RCEPに導かれ、より緊密な地域統合を通じてパンデミック後の回復を引き続き強化すると述べた。

昨年11月に調印されたこの取引は、約22.7億人と国内総生産26兆ドルを対象としており、どちらも世界全体の約30パーセントを占めています。

水曜日に発表されたアジア開発銀行の報告によると、発展途上のアジアの経済成長は、健全な世界的回復とCOVID-19ワクチンの早期進歩に支えられて、2021年には7.3%に回復すると予想されています。

銀行は、中国のGDPが今年8.1%拡大すると予測しています。

READ  3月の日本での家計支出は4ヶ月ぶりの上昇を記録