Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は月に戻るキャンペーンに参加します

私に スペースニュース日本は最近、米国、ルクセンブルグ、アラブ首長国連邦(UAE)によって制定されたものと同様の宇宙資源法を可決し、日本企業に「さまざまな宇宙資源の探査、抽出、使用」を許可しました。 新しい法律は、日本がNASAが主導する国際的な月への帰還の一部となることを意図していることを示しています。 日本は、宇宙探査、特に月面での協力のルールを明確にすることを目指すアルテミス協定の署名者の1人です。

最近、日本企業、学者、政治家のグループがという文書を発表しました 月の人工視覚。 この文書は、月を地球の経済圏に統合し、「惑星6.0」と呼ばれる概念で地球と月を単一の「生態系」に統合することを提案しています。 この文書は、日本政府がこの発展を達成するために多くの政策イニシアチブをとることを求めています。

ある意味で、月の人工視覚は再開の試みのようです 「日本株式会社」 これは、前世紀の70年代と80年代に国によって確立されたシステムであり、特定の産業部門を管理することを目的として、少なくともある程度は商業部門と政府の間の協力が含まれていました。 BusinessInsiderが電話をかけている このシステムがどのようにして日本を地球上で2番目に大きな経済にすると同時に、米国に取って代わってナンバーワンになると脅したのか。 日本株式会社は崩壊しました。 いくつかの理由で90年代半ばに。 中国は現在、地球上で2番目に大きな経済であり、米国の第1位を脅かしています。

今回、日本の提案された月の戦略は、米国ではなく、地球と宇宙で覇権を確立することに熱心な国である中国を対象としています。 確かに、経済的および軍事的に中国に脅かされている日本は、米国を自然の同盟国と見なしているため、成長を続けるアルテミス同盟に加盟しています。

と呼ばれる会社 iSpace月の人工ビジョン文書に署名された、日本の月のドライブの最初の実用的な兆候の1つです。 同社は、 Google Lunar XPrise月にロボット探査機を着陸させるための特別な競争。 Google Lunar XPrizeコンテストは勝者なしで終了しましたが、日本チームを含む多くの参加者が、ビジネスとして月面にペイロードを送信することを目的としてコマーシャルに参加しました。

iSpaceがインストールしようとしている月への最初のミッションは Hakuto-RTechcrunchによると。 他のペイロードの中で、日本の工芸品はUAEのラシッドローバーを月面に届けます。 アラブ首長国連邦は、アルテミス同盟のもう1つのメンバーです。 湾岸アラブ諸国はすでにと呼ばれるロボット探査機を配備しています 希望 火星の軌道で。 最初のHakuto-Rロケットは、2022年にSpaceX Falcon9ロケットで打ち上げられる予定です。

カナダ宇宙庁によって選ばれた3社もiSpaceミッションに貢献します。 Mission Control Spaceサービスは、月面を横切るときに月の地質について学習するRashid宇宙船に人工知能システムを提供し、CanadensysAerospaceはミッションに重要なイベントを記録するカメラを提供します。 NGCエアロスペース 独立したナビゲーションシステムに貢献します。

2番目のミッションは2023年に予定されており、宇宙航空研究開発機構が提供するコンバーチブル月面ロボットを搭載しています。 JAXA。 ミッション2の後、iSpaceは、地球に最も近い隣人に「人工プラットフォーム」を作成する前に、ローバーの「スウォーム」を月面に展開するというミッションをスピードアップする予定です。

遠い将来、日本の宇宙飛行士は、国際宇宙ステーションに乗ったときと同じように、ほぼ確実にアルテミスミッションを月に飛ばし、最終的には月面基地で奉仕するでしょう。 Space.comによるとJAXAとトヨタは、宇宙飛行士が月面を長距離移動するコンパクトな「ルナクルーザー」を開発しています。

月への最初のレースは、賞品として自慢する権利を持った米国とソビエト連邦の間の直接の競争でした。 現在の月への競争は、中華人民共和国とロシア連邦の軸に面した「アルテミスの同盟」を示しています。 日本は、他の多くの国と同様に、月への帰還によって提供される科学的、商業的、政治的な大きな機会を認識しています。 国はそれらの機会を最大限に活用することに熱心であるように思われます。

宇宙と政治について頻繁に書いているマーク・ウィッティントンは、宇宙探査の政治研究を出版しました。 月に戻るのがとても難しいのはなぜですか? それ以外 “月、火星、およびそれ以降そして最近、なぜアメリカは月に戻るのですか?のブロガーです ガードコーナー。 ウォールストリートジャーナル、フォーブス、ヒル、USAトゥデイ、ロサンゼルスタイムズ、ワシントンポストなどに掲載されています。

READ  シアトル発の和風フライドチキンタコスがラインナップ