Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2022年度の経済成長予測を2.2%から3.2%に引き上げる



2021年10月1日、コロナウイルスに関連する非常事態宣言を解除する政府初日の夜、東京の人気の歌舞伎町娯楽地区を歩く人々(AP Photo / Hiro Komae)

東京(京堂)-日本政府は木曜日、2022年度の国内経済の成長予測を以前の推定2.2%から実質3.2%に引き上げ、コロナウイルスのパンデミックによる景気後退から回復のペースが回復すると予想している。 今年は予想よりも弱い改善。

GDPの予測成長ペース、および国内で生産された財とサービスの総価値は、4月から始まる2022会計年度の予算案を作成する際に、政府の税収見積もりの​​基礎として使用されます。岸田文雄首相は金曜日に承認される予定です。

政府筋によると、当初予算は約107.6兆円(9,500億ドル)と10年連続で過去最高となる。

頻繁な感染症の再発を背景にしたパンデミックによる長引く経済の落ち込みにより、同局は今年度のGDP成長率の予測を3.7%から2.6%に引き下げました。

政府当局者によると、政府は当初、2021年の日本のGDPは2019年の10月から12月の期間にパンデミック前のレベルに戻ると予測していましたが、目標は3月に戻される可能性があります。

関係者によると、2022年度の実質GDP規模は過去最高の556.8兆円に達し、2018年度の過去最高の554.3兆円を上回ると見込まれている。

来年度のGDP成長率予測は、日本経済研究センターが今月初めに行った調査で民間経済学者が推定した平均3.0%の伸びをわずかに上回っています。

政府は、名目上、インフレ調整なしで、世界第3位の経済大国は2.5%と予測されていた後、2022年度には3.6%拡大して過去最高の564.6兆円になると述べた。

日本経済の半分以上を占める個人消費は、来年度は前回予想と変わらず4.0%の増加を見込んでいる。

現在、設備投資は5.1%増加すると推定されており、7月の予測である4.2%の拡大よりも高くなっています。

輸出は、世界経済の回復の恩恵を受けて、2021会計年度に11.4%の成長が見込まれた後、2022会計年度に5.5%増加すると予想されています。

READ  最新のニュースアップデート:シドニー空港理事会が175億ドルの買収を承認