Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は2026年初頭に5G周波数帯のオークションを計画:レポート

日本は2026年初頭に5G周波数帯のオークションを計画:レポート

日本政府がミリ波帯の売却を検討中

日本の日経は、日本の総務省 (MIC) が 2026 年初頭に 5G スペクトルのオークションを開始することを目指していると報告しています。

総務省は通常、地域の携帯電話事業者に無料で周波数を割り当てているため、日本政府がオークションを使用して周波数を授与するのはこれが初めてです。

同紙によると、当局が携帯電話会社の提示価格を考慮する従来のオークションではなく、技術や事業計画などのいくつかの要素が考慮されるという。

日経はまた、オークションの形式はまだ決定されていないと述べた。 ただし、同省は、今後のオークション プロセスにミリ波周波数を含める可能性を分析しています。

MIC によると、mmWave 周波数は、スタジアムやその他の大規模な会場でのモバイル カバレッジの向上や、固定無線アクセス (FWA) を介した住宅用ブロードバンド サービスの提供に使用できます。

「オークションの条件やその他の問題についての議論を開始するために、4 つの主要な携帯電話事業者、機器メーカー、および専門家からなる作業部会がまもなく形成される予定です」と報告書は述べています。

日本の通信事業者は、NTT Corporation の子会社である NTT Docomo です。 auブランドで運営されているKDDIの会社。 ソフトバンクと楽天モバイル。

日本は、5G 技術を最初に導入した国の 1 つです。 以前の GSMA レポートによると、5G 接続は、2021 年の 12% から、2025 年までに日本の全モバイル接続の 68% を占めるようになるでしょう。

日本政府は、2024 年の第 1 四半期の終わりまでに、全国の人口の 5G カバレッジの 98% を達成するという目標を設定しました。以前に報告された 2025 年のスペクトル バンド。

日本政府は、5G 技術の推進とは別に、 ファイナンス 最近の報道によると、将来の 6G 通信システムの研究活動を強化するため。

報告書によると、総務省は、この特別基金の最初の設立のために、2023 年度の第 2 次補正予算で 662 億円 (4 億 5000 万ドル) を割り当てる予定です。

6G基金は、国立情報通信技術研究所によって管理されます。 これは、6G の研究開発に何年にもわたって財政支援を提供することを目的としています。

日本企業の NTT ドコモ、NTT、NEC、富士通、フィンランドの通信機器メーカーのノキアは、これまで非標準の 6G サービスを 2030 年までに商業的に開始することを目標に、新しいモバイル通信技術のトライアルを実施する計画を発表しました。 2023年3月期は社内実験、翌年度から社外実験を開始する。

5月、日本のBeyond 5G Promotion Consortium (B5GPC)とATISのNext G Allianceは、将来の6G無線ネットワークの分野で協力する覚書(MoU)に署名した。 日本のコンソーシアムは以前、ヨーロッパの 6G Intelligent Network and Services Industry Association と同様の 6G 協力協定を締結しました。

READ  中国の黒鉛輸出規制について日本でも懸念が高まっている