Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は5月に貿易赤字を記録

日本は5月に貿易赤字を記録

読売新聞資料写真
東京にある財務省本庁舎。

東京(時事通信社) – 資源価格の上昇と円安で原油輸入が増加し、日本の5月の通関貿易赤字は1兆2,213億円の赤字となったことが水曜日の政府報告書で明らかになった。

財務省の速報によると、貿易収支は2カ月連続でレッドゾーンとなった。

ドル/円レートは月平均155.48円と前年同月比14.9%上昇し、輸出入ともに好調だった。

輸入は9.5%増の9兆4,979億円となり、5月としては2番目に高い水準となり、2か月連続で増加した。 この結果は、アラブ首長国連邦からの強力な輸入のおかげで実現しました。

日本の石油製品と原油の総輸入量はそれぞれ39.8%、8.1%増加した。

輸出は13.5%増の8兆2766億円で、5月としては過去最大となり、6カ月連続の増加となった。

円安と米国からの需要に支えられ、自動車出荷台数は13.6%増加した。

半導体製造装置の輸出は45.9%増加し、中国向けが全体の約50%を占めた。 半導体など電子部品の出荷は24.0%増加した。

対米貿易では、10.9%増の4,736億円の貿易黒字を記録した。 日本の対中国貿易赤字は1.5%減の5331億円となった。

READ  安倍晋三の葬儀の激怒は、日本で最も団結した議論である