Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はCOVID-19感染の第8波に備えるための方針を設定-新華社

2021年1月21日、日本・東京の渋谷交差点をマスクを着用した人々が歩く (Xinhua/Zhang Xiaoyu)

日本の厚生労働省は、COVID-19 感染状況に関する現在の 5 段階のアラートを 4 段階に見直すことを決定しました。 第7波以上のレベルはレベル3に分類され、感染が拡大し続けていることを意味します。

東京、11月11日(新華社)-日本政府は木曜日、感染の第8波の到来の可能性に対する懸念が高まる中、すべての都道府県がコロナウイルスのエスカレーション対策を発表できるようにする方針を決定しました。

日本の厚生労働省も会議で、現在の感染状況の 5 段階のアラートを 4 段階に見直すことを決定しました。 第7波以上のレベルはレベル3に分類され、感染が拡大し続けていることを意味します。

国は同じ日に全国で78,268人の新しい感染を記録し、先週から10,000人以上増加し、COVID-19患者の中で84人が新たに死亡​​しました。

東京では毎日7,969件の感染が確認され、北海道では8,457件、神奈川県では5,190件が報告されています。

2022年6月4日、東京の昭和記念公園のフリーマーケットでの音楽演奏.

厚生労働省によると、本島最北端の島である北海道は、先週の人口 10 万人あたりの感染者数が 850 人で 47 都道府県の中で最も高い増加率を記録しており、寒冷地では感染がより早く拡大する可能性があると付け加えています。換気の実施の難しさ。

厚生労働省の専門家諮問委員会を率いる尾身茂氏は木曜日、新たな感染者数は日本全体で増加傾向にあると述べ、日本は今や第8の感染の波に入っていると言えると付け加えた.

また、厚生労働省の専門委員会は水曜日、感染の最新の波は、8月に1日あたり26万件を超えた前の波のピークと同じかそれを超える可能性があると警告した.

READ  スターバックスの従業員は、何千人もの顧客をウイルスにさらす可能性のあるA型肝炎の検査で陽性を示しました。