Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本企業の大半はここに残りたいと考えている

日本企業の大半はここに残りたいと考えている

クアラルンプール:ダトゥク・セリ・アンワル・イブラヒム首相は、日本企業の合計96%がマレーシアに留まる意向であり、そのうち半数は同国での事業拡大を望んでいると述べた。

バーナマ氏によると、この数字は日本貿易機関の調査に基づいたものであると財務大臣も務めるアンワル氏は述べ、拡大率はASEAN平均よりも高く、域内で2番目に高いと付け加えた。

マレーシアと日本は、65周年を迎える現在も強固な外交関係を続けており、日本はマレーシアにとって最も重要かつ第4位の貿易相手国であり、2022年の貿易額は412億1,000万米ドル(1,815億1,000万リンギット)に達する。

日本はまた、製造プロジェクトにおけるマレーシアへの海外直接投資の主要な資金源の一つとしても挙げられている。

「昨年は総投資額272億5,000万米ドル(BD 911億4,000万)で合計2,746件のプロジェクトが実施され、合計336,326人の雇用機会が創出された。今年は日本から230億リンギ相当の投資約束を得た」と同氏は述べた。 。

これに関連して、アンワル氏は、海外直接投資の継続的な増加は、マレーシアに対する外国投資家の信頼が高まっている証拠であるため、マレーシアにとって、より多くの外国投資家を同国に引き付けることができる有利な投資環境を確保し続けることが重要であると述べた。マレーシア経済。 進歩と可能性。

本日水曜日、首相は財務省で日本商工会議所の代表団とともに高橋克彦駐マレーシア日本大使と会談した。

一方、アンワル氏は、近年、海外直接投資の流入が増加し続けており、今年第1四半期には714億リンギの投資承認があり、同時期と比較して60%の大幅な増加となったと述べた。去年。 低インフレと安定しつつある政治状況が証明するように、経済のファンダメンタルズは依然として強い。 マレーシアの製品やサービスに対する需要も高まっています。 政府はまた、デジタル経済やグリーンテクノロジーなどの新産業の発展にも強く取り組んでいます。

「私はマレーシアへの将来の投資の実績に非常に自信を持っており、今後も確実に好調が続くでしょう。

同氏は、「政府は投資環境の改善に引き続き最善を尽くし、企業経営の促進、インパクトの高い価値ある投資の誘致、競争価値のある地元の労働力の創出にも取り組んでいる」と述べた。

READ  編集上の注意事項: 厳粛に前進します