Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は消費低迷により第1四半期に縮小すると予想される

日本経済は消費低迷により第1四半期に縮小すると予想される

梶本哲史著

東京(ロイター) – ロイター調査によると、日本経済は1─3月期に前年同期比1.5%縮小する可能性が高く、見通しの不透明さにより成長の主要な原動力がすべて弱まり、これが日銀の取り組みを妨げる可能性が高いことが示された金利を上げるためです。 。

エコノミスト17名への調査によると、5月16日午前8時50分(日本時間5月15日23時50分)に発表予定の内閣府統計は、経済の縮小が前月比0.4%のマイナスに相当すると予想されている。

2023年最後の3カ月間の年率0.4%成長に続いて減少となり、GDPの主要な柱が崩壊し、1─3月期には成長の原動力がなくなった。

農林中金総合研究所の首席エコノミスト、南武志氏は「生活費の上昇により、消費者の倹約傾向は依然として強く、円安によってさらに悪化する可能性が高い」と述べ、経済全体は前年比1.2%縮小すると予想している。 1月から3月の期間。 。

消費者が生活費の上昇から身を守るために引き締めているため、経済の50%以上を占める個人消費は今四半期に0.2%減少する可能性がある。

今年初めに能登半島を襲った地震も生産と消費に打撃を与えた。 トヨタ自動車のダイハツ小型車部門の不祥事も生産・出荷停止につながった。

企業が労働力不足を克服するための省力化技術などの設備投資に巨額の利益を投資する動きが依然として鈍く、設備投資も前四半期比0.7%減少した。

外需、つまり出荷から輸入を差し引いた純輸出は、GDP成長率を0.3%ポイント押し下げる可能性が高い。 内需は4四半期連続で減少する見通しだ。

企業が相互に課す価格の主要な指標である企業物価指数は、4月に前年同月比0.8%上昇し、3月からのペースは変わらないとみられる。

CPIデータは5月14日午前8時50分(5月13日2350GMT)に発表される。

卸売物価にほぼ相当する消費者物価指数は、4月の前月比0.3%上昇となる見通しで、3月の0.2%上昇から若干加速し、生活費や事業費を押し上げている持続的なインフレを裏付けている。

(取材:梶本哲史、編集:トム・ホーグ)

READ  22年前半、マレーシアの日本の景況感は改善