Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は第4四半期に回復し、年間成長率は5.4%でした。 ビジネスと経済

原材料費の高騰とオミクロン感染の急増により、持続可能な回復への期待は曇っていました。

コロナウイルスの症例数の減少が消費を支えたため、2021年の最後の3か月で日本経済は回復しましたが、原材料コストの上昇とオミクロンの変動性伝染の突然の上昇が見通しを曇らせました。

黒田東彦日銀総裁はまた、緩やかな景気回復への中央銀行の期待に対する新たなリスクとして、ウクライナの緊張の高まりを強調した。

政府のデータによると、今日、火曜日、世界で3番目に大きい経済は、前四半期に2.7%縮小した後、10月と12月に年間ベースで5.4%成長しました。これは、 5.8パーセント。

一部のアナリストは、COVID-19の増加により家族が買い物をすることができなくなり、工場の生産に影響を与えるサプライチェーンが混乱するため、今四半期に経済が再び減速すると予想しています。

「オミクロン変数がサービス部門の消費にどのように影響するかによって、経済は1月から3月に減速するか、縮小する可能性があります」と、北陸金研究所のチーフエコノミストである南猛武は述べています。

経済成長は主に、日本の国内総生産の半分以上を占める個人消費の前四半期比2.7%の増加によって推進されました。

個人消費の伸び

個人消費の拡大は、市場の予想よりも大きく、2.2%の増加でしたが、日本が10月にコロナウイルスの規制を終了した後のことです。

設備投資も0.4%増加し、市場の予想とほぼ一致しました。 外需は成長に0.2%ポイントを追加しました。これは、輸出が世界的な回復の恩恵を受け続けていることを示しています。

「経済の再開に伴い、ホテル、レストラン、エンターテインメントなどのサービスの消費が大幅に増加しました」と大和研究所のエコノミスト、若葉小林氏は述べています。

それでも、日本の回復は他の先進国に遅れをとっており、他の中央銀行が金利を引き上げようとしているにもかかわらず、日本銀行は金融政策を非常に緩く保つことを余儀なくされています。

国の季節調整済み実質GDPは約541兆円(4.69兆ドル)であり、2019年後半のパンデミック前の水準をまだ下回っています。

オミクロン事件の記録的な増加により、政府はほとんどの地域に緩く制限を課し、国境を閉鎖し続けるようになりました。これは、今年の初めから消費の減少につながった可能性があります。

感染の増加により、一部のメーカーは生産を停止せざるを得なくなり、トヨタ自動車などの大手自動車メーカーの生産が中断し、納期が遅れました。

忍び寄る輸入コストは、日本の脆弱な回復にリスクを追加します [File: Franck Robichon/EPA]

一方、輸入コストの高騰は、日本の脆弱な回復にリスクをもたらします。

日本銀行の黒田総裁は火曜日、「ウクライナの緊張の高まりは、燃料価格と商品価格の上昇につながる場合、世界と日本の成長に悪影響を与える可能性がある」と述べた。

BNPパリバ証券のチーフエコノミストである白城宏氏は、経済成長が1月から3月にかけて年率1〜1.5%のペースに減速するか、さらには低下すると予想しています。

同氏は、「ウクライナ危機により燃料費が上昇し、企業の設備投資意欲が低下する可能性があるため、今年後半には景気の回復が遅れる可能性がある」と述べた。

新たな景気刺激策に関しては、政府や中央銀行がやるべきことはあまりありません。 財政と金融の両方の政策が限界に達した。」

READ  サウジアラビア王国の日本と韓国の大使がハヤブサ展を訪問