Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本-S. 韓国世論調査:防衛協力への理解は深まるも課題は残る

日本-S. 韓国世論調査:防衛協力への理解は深まるも課題は残る

多くの日本人と韓国人は、日米韓三国間の防衛協力の必要性について認識を示している。 これは心強い傾向です。

日韓両政府は防衛を含む具体的な協力を拡大し、調和のとれた関係を維持することが両国国民にとって有益であることを示すべきである。

読売新聞と韓国紙韓国日報が共同で実施した調査では、日本人の86%、韓国人の79%という大多数の回答者が、三国間の防衛協力強化に賛成していることが判明した。

また、両国が今後協力を進めていく分野として、日本の88%、韓国の72%が「外交・安全保障」を挙げた。 韓国でこの数字が70%を超えるのは異例だ。

東アジアでは北朝鮮がミサイル開発を加速させ、中国も積極的な海洋進出を止めていない。 ウクライナへの侵略を続けるロシアは、中国や北朝鮮との軍事関係を深めている。

こうした安全保障環境の悪化を背景に、韓国では米国だけでなく、米国のもう一つの同盟国である日本との協力の必要性に対する意識が高まる可能性がある。

調査では、両国とも国民の対国感情が改善し、韓国の尹錫悦大統領に親近感を抱く人が増えていることが改めて浮き彫りになった。 日本は2022年に就任し、岸田文雄首相と一連の会談を行った。

両国関係の現状が「良好」との回答は、日本は13年ぶりに50%、韓国は42%と2年連続で増加した。 40%のマーク。 。

両国の18歳から39歳までの若者の間で、相手国に親近感を抱いている割合が特に高かった。 これは今後の人間関係を築く上でプラスの要素と言えるでしょう。

対日外交における尹氏の重要性を損なおうとする韓国政界その他の執拗な動きは憂慮すべきことである。

4月の総選挙で単独過半数を獲得した最大左派野党は、おそらく根強い反日感情を煽る目的で、尹氏が日本に譲歩しすぎたと主張し、外交政策の見直しを求めている。 3年後の大統領選挙を控えた韓国国民の感情。

朝鮮半島からの元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じる判決も相次いでいる。

日韓の歴史問題に関して、韓国の裁判所が日本に不利な判決を下す傾向があることを懸念すべきである。

この傾向が続けば、日本の対韓国感情は再び悪化する可能性がある。

日本との関係を韓国の政治闘争の道具として利用することは、日米韓を分断しようとする北朝鮮、ロシア、中国を利するだけであり、韓国の利益にはならない。 韓国野党は慎重な行動を取るとみられる。

(2024年6月11日 読売新聞より)

READ  顧客中心のDRは、日本のエネルギー移行の課題の鍵です