Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀の新議長と会って政策調整を確実にしたい

日銀の新議長と会って政策調整を確実にしたい

(引用、詳細を追加)

ライカ木原

[東京 24日 ロイター] – 日本の岸田文夫首相は金曜日、政府が次期中央銀行総裁に指名した上田和夫氏と会談し、経済政策に関するより緊密な調整の必要性を確認したいと述べた。 .

「指名が議会で承認され、新総裁が就任したら、政府と日銀が銀行の安定した持続可能な業績のために調整する必要性を確認するために、できるだけ早く総裁に会いたいと思います。価格目標、岸田は記者会見でこう語った。

今月初め、政府は71歳の学者を次期中央銀行総裁に指名した。市場は当初、数年にわたる超緩和的な金融政策に終止符が打たれる見通しを高めていると見ていた。

確認照会

上田総裁は金曜日に衆議院で、日銀は弱い経済を支えるために非常に低い金利を維持すべきだと語った。

上田氏は、2013 年に政府と日銀が署名した 10 年前の共同声明を直ちに修正する必要はないと述べた。

岸田氏は、上田氏の発言について尋ねられた際、「国会での上田氏の発言は知っている。政府としては不快感はない」と述べ、共同声明の再検討を急いでいないことを示した.

この報告書は、2013 年に当時の安倍晋三首相からの強い圧力の下で署名され、デフレを打破するために日銀がより大胆な措置を講じるよう求めました。

日銀の物価目標を達成するという公約は、退任する日銀の黒田東彦総裁が積極的な金融刺激策と日本の金利を「できるだけ早く」非常に低く維持する理由の根幹として機能してきました。

批評家は、日本が日銀の2%の物価目標を上回るインフレに直面したとき、インフレを打ち負かすという共同報告書の焦点は時代遅れであると述べた.

グループ

学界と企業幹部は先月、日銀に対し、2%のインフレ目標をより長期的な目標に変更するよう促した。

価格目標の再定義は、政府と中央銀行の間の新しい政策協定で行われるべきであり、2013年に策定された政策に取って代わる、とパネルは述べた.

黒田氏は上田氏の後任となり、議会の承認が得られれば、4月9日に日銀の議長に就任する。 (ライカ・ギハラによる報告、Sang-Ron Kim および Kim Kogil による編集)

READ  ボクサー井​​上直哉は無敗で人生を終わらせることを目指している