Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

景気低迷で日本企業の魅力を失った中国

中国がCOVID-19関連のロックダウンが自国経済に与える影響と、台湾海峡をめぐる北京とワシントン間の緊張の高まりに取り組む中、半導体メーカーを含む多数の日本企業が中国から撤退し始めている。

シンガポールポストは、日本のマスコミ朝日新聞を引用して、半導体、化粧品、衣料品、家電製品、自動車の製造に携わる135社が中国での事業を解体し始めたと報じた。

多くの日本企業が生産拠点をベトナムや南アジア地域の国々に移している一方で、多くの企業は円安が利益を圧迫していると感じて帰国しています。

専門家によると、中国の低成長は、上海での 2 か月にわたるロックダウン、国内の他の地域での COVID-19 による制限の強化、製造、物流、観光部門の混乱が原因であるとのことです。

日本は製品の約 90% を海外で製造しており、その多くの製品が中国で製造されています。 シンガポール・ポストによると、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スズキ、カワサキ、三菱、東芝、日立、ソニー、ニコン、キャノン、パイオニアなど日本のトップ多国籍企業が中国に拠点を置いている。

シンガポールポストは、日本を拠点とする金融調査支援サービスが実施した調査を引用して、2016年から2019年5月までの間に249社もの日本企業が中国を離れたと報告した。

しかし、2022 年には、135 社の企業が中国の海岸を離れるか、中東王国の外に移転しようとしているため、中国国外での製造能力を制限するための日本企業による継続的な取り組みが勢いを増しました。

朝日新聞によると、流行に関連した上海や中国の他の地域での閉​​鎖による自動車部品工場の操業停止により、トヨタ自動車の世界生産台数は前年同期比 9% 減の 690,000 台となり、ホンダはCo. は 54% の減少、日野自動車は 27% の減少を記録しました。

一方、中国の李克強首相は、中国は経済安定の最も困難な段階に達したと述べ、主要省の指導者に経済回復への取り組みを調整するよう求めた。

「経済は7月も回復を続けたが、小さな変動はまだ存在する。現在、経済の安定性が最も緊張している段階にあるため、時間を無駄にすることなく、経済回復のための強固な基盤を構築する必要がある」とKeqiang氏は述べた。柯強。 新華社通信は、広東省、江蘇省、浙江省、河南省、山東省、四川省の指導者の言葉を引用した。

柯強氏は、COVID-19対策は経済再建の必要性に基づいて調整されるべきだと述べた。

(このレポートのタイトルと画像は、Business Standard チームによってのみ変更された可能性があります。残りのコンテンツは、共有フィードから自動的に生成されます。)

読者の皆様へ

Business Standard は、お客様にとって重要であり、国や世界に広範な政治的および経済的影響を与える開発に関する最新の情報と解説を提供するよう常に努めてきました。 当社の製品を改善する方法についての皆様の継続的な励ましとフィードバックにより、これらの理想に対する当社の決意とコミットメントがさらに強化されました。 Covid-19 によってもたらされたこれらの困難な時期においても、関連する話題の問題に関する信頼できるニュース、信頼できる意見、洞察力に富んだ解説で最新情報を提供し続けることをお約束します。
ただし、お願いがあります。

パンデミックの経済的影響と闘う中、より多くの質の高いコンテンツを提供し続けるために、私たちはあなたのサポートをさらに必要としています. 私たちの購読フォームは、私たちのコンテンツをオンラインで購読している多くのあなたから励ましの反応を見てきました. オンライン コンテンツをより多く購読することは、より適切で関連性の高いコンテンツを提供するという目標を達成するのに役立ちます。 私たちは、自由で公正で信頼できるジャーナリズムを信じています。 より多くのサブスクリプションによるサポートは、私たちがコミットしているジャーナリズムを実践するのに役立ちます.

質の高いプレスと Business Standard に登録する.

デジタルエディター

READ  ビリオネアがエイリアンのファンタジーを生き抜くのを助ける