Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

有毒な山芋のような植物の球根を食べた後、日本で男性が死亡





この画像に見られるグロリオサは、厚生労働省の公式サイトからのものです。

宮崎県は4月14日、ナガイモに似た有毒な球根グロリオサを食べたとみられ、60代の男性が死亡したと発表した。

日本では2012年以来2度目のグロリオサ中毒による死亡です。国内の有毒植物による中毒者の約半数は60歳以上です。 保健省は、食用であることが確認できない植物を食べないように人々に警告しています。

宮崎県保健局によると、男は4月6日、信岡市の自宅の庭で拾ったグロリオサの球根を細かく食べたようだ。 彼は4月8日の朝、知人によって自宅で死んでいるのが発見されました。 グロリオサに含まれる化学物質で、男性の臓器で検出されます。





厚生労働省の公式サイトからのグロリオサの花がこの写真に掲載されています。

日本の山芋と混同しやすいグロリオサの球根は、下痢や嘔吐、臓器機能障害、その他の生命を脅かす状態を引き起こす可能性があります。 厚生労働省食品安全局によると、2020年に鹿児島県で80代の男性がグロリオサ中毒で死亡し、2021年3月に高知県に住む70代の男性が植物を食べて中毒した。 。

一般的な有毒植物の特徴は、厚生労働省のウェブサイトで見つけることができます:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/poison/index.html(in日本)

(宮崎事務所曽俣健太による日本語原作)

READ  元立法議会議長が日台関係史の新会長に就任