Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

来年3月に第1回新潟国際アニメーション映画祭が日本で開催されます

カンヌ市からの特別発表で、初年度の詳細 新潟国際アニメーション映画祭 検出されました。 NIAFF実行委員会が主催し、映画配給会社/映画運営者であるユーロスペースとアニメーション制作グループのGencoが制作し、日本の経済産業省と文化庁からの支援を要請して、初公開が計画されています。 2023年3月17日〜22日。

NIAFFは、商業アニメーション機能に焦点を当て、文化とアニメーションの間に一流の出会いの場を作り、劇場向けに作られた映画、ストリーミングプラットフォーム、さらには長編テレビシリーズの作品を対等な立場で紹介することを目指しています。

「VODは私たちの映画の視聴方法と映画のルールを変えました。7番目のアートはアクセス可能でモバイルになりつつあります。プログラムの芸術監督は、自宅で映画を見る体験は映画館のそれとは異なるとコメントしました。時間、空間、反応が共有されます。」 須藤正。 「私たちの野心は、劇場、VODサービス、テレビのいずれで上映されるかにかかわらず、すべてのアニメーション映画を称えることです。 私たちは、その搾取の形の観点からアニメを分類することを拒否します。 創造性とストーリーテリングは私たちのフェスティバルの中心です。」

アニメーション映画は現在、世界中で制作されています。 アジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中東、オセアニア。 各国は、スタイルが大きく異なり、異なる文化的な物語や価値観を持った作品を制作しています。 アニメーションは世界中でますます人気が高まっており、以前は子供やファンを対象としていました。 この文脈で、そして主要なアニメーションイベントはヨーロッパと北アメリカに焦点を当てる傾向がありますが、NIAFFは、新しい視点をもたらす出会い、交換、伝達の場所を作成することにより、アジアの中心部で毎年アニメーションに適切なプラットフォームを提供するよう努めています世界。

NIAFFは、アニメーションを専門とする大学、スタジオ、その他の組織を招待して、トレーニングワークショップ、国際的な業界と市場に関する会議、セミナーなどのイベントを開催します。 このフェスティバルでは、アニメーションの世界で新しい理論を探求し、国際的にめったに議論されないトピックを取り上げ、批判的思考の場を作ります。

押井守

アニメ映画はファンタジー映画ですが、制作や狙い撃ち法は他に類を見ません。 アニメーションは完全に異なる分野であり、その違いは多岐にわたります。演技とドローイングアニメーションの間、長編映画の監督の役割とアニメーション映画の役割の間です」と監督は述べています。 押井守 ((Ghost in the Shell、Innocence、Sky Crawlers)、最初のNIAFF審査員の議長を務める。 「日本のアニメーションは非常に特別な演習だと付け加えておきます…」

フェスティバルの主催者は、アニメーションは日本の代表的な文化であり、日本で高く評価され、保存され、発展する必要があることを強調しました。 日本は常に東アジアと東南アジアのアニメーションの中心地であり、創造性を促進し、才能を育成し、ビジネスを貿易し、協力の誕生を促し、アニメーション全体を促進するために、国際アニメーション映画祭を開催する必要があります。

日本海の港湾都市として、 新潟 19世紀には日本最大の都市でした。 それは中国、韓国、ロシアの間の主要なハブであり続けています。 その豊かな自然、文化、歴史、そして創造性への積極的なアプローチは、多くの人々を魅了しています。 一流の漫画家やアニメクリエイターの多くがそこで生まれました。 日本初のフルカラーアニメーション
長編映画、 箱がでん ((しろへび)は、東映アニメーションスタジオで新潟出身の大川宏洋と吹矢浩二によって作成されました。

2012年に新潟市を設立 「アニメ・マンガ都市開発コンセプト」 マンガ都市としての魅力を高め、全国的に推進し、マンガ・アニメ産業の持続的発展を支援し、都市を活性化させます。

さらに、COVID-19のパンデミックによる新しい制作方法の開発や最近のライフスタイルの変化に伴い、多くのアニメーション制作労働者が東京から移転し、新しいスタジオが設立されています。 日本には現在、全国の専門学校や専門学校でアニメーションやマンガのアーティストになるために訓練している400人の学生の記録的な数があります。

マンガハウス

新潟市マンガの家

新潟にはすでに…

  • The 新潟まつりアニメ/マンガ年間約5万人の来場者があります。
  • The 新潟市マンガ・アニメ情報センターマンガとアニメーションの喜びを促進するのは誰か
  • The 新潟市マンガの家10,000冊のマンガライブラリー。

アニメジャーナリストの須藤さんと押井さんに加えて、初開催のフェスティバルはフェスティバルディレクターが率いる 井上伸一郎 (元編集長 新しいタイプ) 事務総長 真木太郎 (銀杏製品、 世界のこの隅で、 モバイル警察Batlubar)および取締役会会長 堀越謙三 (欧州宇宙産業連合会のプロデューサー、 アネット、恋をしている人のように)。 NIAFF実行委員会が協力して発表 カイチ専門大学新潟大学 (後で決定されます)。

プログラムは長編映画で構成されます コンテスト (10〜12本)A 世界的なトレンド 世界中の現代アニメーションの概要(8-10); アニメーションの未来 アニメーションの発展に貢献した人々と作品に対する賞。 マンガルック、アニメーションと漫画の関係を探ります。 ふりかえり 国際的な芸術家や芸術運動を強調する。 アカデミックプログラム (業界セミナーおよび会議)および 教育プログラム (セミナーとワークショップ)。

メインプログラム以外では、参加者はプログラムを楽しむことができます 開会式、 彼は住んでいる アニメソング オファーと プロジェクションマッピング 場所については、アニメーション作品のショーで。 などの特別展 「着替えの歴史」 それも考慮されます。

NIAFFフィルムコンペティションは2022年11月から提出可能であり、国際的な批評家で構成される選考委員会によって司会されます。

READ  オリンピックは終わり、日本はウイルスが広がるにつれてワクチン接種を受けるために競争します