Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本で忘年会が増えましたね。 しかし、今年はほとんどの企業が棄権しました。

2022年12月8日、群馬県高崎市の高崎駅西口商業エリア(ミニチ撮影/河内隆史撮影)

前橋—関東地方の群馬県では、昨年よりも今年、従業員の忘年会を開催する企業が増えていることが調査会社によって明らかにされたが、ほとんどの企業は2022年に向けて伝統を廃止する予定である.

東京商工リサーチ前橋事務所の調査によると、群馬県内の忘年会を予定していない企業は61.6%で、2021年から14.1ポイント減少した。

今年は、世界的なコロナウイルスのパンデミックが始まってから 3 シーズン目を迎えます。 調査会社の関係者は、コロナウイルス関連の制限が解除されたことで、日本の毎年恒例の伝統であるパー​​ティー開催の障害が減少したと推測しています。

調査は 10 月 3 日から 12 日までオンラインで実施されました。 これは全国平均とほぼ同じで、全国の企業の 61.4% が同様の回答をしています。

残りの28社のうち、21社が「当地域で準緊急事態が発生しない限り、忘年会を開催する」と回答した。 6社からは「うちの地域に緊急事態がなければ忘年会を開催する」との回答がありました。 ある企業は、「緊急事態や準緊急事態に関係なく、年末にパーティーを開催します」と回答しました。

昨年群馬県で実施された調査では、144社中109社(76%弱)が忘年会を開催しないと答えた。

一方、全国調査では4,611社が回答。 東京の北に位置する栃木県は、75.61%でパーティーを開催しないことを選択する企業の割合が最も高い. 北日本の秋田県の回答企業のうち、棄権すると答えた企業はわずか 35% でした。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、群馬県内の一部飲食店から懸念の声が上がっています。 伊崎市の飲食店経営者は「新型コロナウイルスの影響はまだ残っている。まだ回復していない。現状は(新)常態のようだ」と語った。 昨年 11 月の店舗ビジネスは 2021 年よりも改善されましたが、それでもパンデミック前のレベルの約 30% に過ぎません。

ウイルスの蔓延を防ぐために、レストランは3人以上のグループを拒否しましたが、オーナーはコロナウイルスの第8波と、毎年のインフルエンザシーズンとの一致を懸念し続けています. オーナーは「県の新型コロナウイルス対策認定制度(事業者向け)に沿って営業を続けるしかない。状況がどう変わるか分からない」と話した。

【河内隆】 マイニュース

READ  日銀は債券政策を変更して市場に衝撃を与えた