Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

東日本沿岸が離岸流を警告し、事故を防ぐためにAIシステムを起動

神奈川県鎌倉市-この東日本の都市のビーチは、離岸流を警告し、水中での事故を防ぐために人工知能(AI)システムを導入しました。

神奈川県では、7月1日、鎌倉市、藤沢市、十四市、葉山市にビーチがオープンしました。

鎌倉市のユカハマビーチでは、コロナウイルスの大流行により県内初の2年間の休止期間を経て正式に開業し、危険な離岸流を検知して監視員や監視員に警告するAIシステムが導入されました。 ユカハマのビーチ小屋では、日本で初めて生分解性のフォークやスプーンが導入され、ビーチ関係者から環境にやさしく進歩的なものとして宣伝されています。

AIシステムは、日本救命協会と中央大学が共同で開発したものです。 チームは、2021年の冬から始まる約6か月間の離岸流データを収集しました。 また、津波の際にカメラ画像のデータを利用して、ビーチに行く人の状況をリアルタイムで政府に通知する日本初のシステムを立ち上げました。

一方、バリアフリーの障害者用ビーチを推進するため、利用者が安全にビーチにアクセスできるように車椅子用スロープを設置しました。

ユカハマビーチビジネス協会会長の増田元英氏は、「シームレスで安全、そして環境にやさしい進歩的な取り組みを行っています。人々に現代のユカハマを楽しんでもらいたい」と語った。

(日本語原作:稲葉健悦、鎌倉地方局)

READ  日本では、納税者は新鮮な果物と真空ステーキの贈り物を楽しんでいます