Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

海外クルーズ船の来日は新型コロナ前の水準に近い

海外クルーズ船の来日は新型コロナ前の水準に近い

日本への外国のクルーズ船の到着は、コロナウイルスのパンデミック前のレベルに近づくように設定されており、日曜日に共同通信社が実施した調査は、3年間の休止の後、3月に国内でのドッキングが再開されることを示した.

調査によると、42の主要港のうち、22省の23の港で合計89の到着が3月に予定されており、他の港へのアクセスについて地方自治体と船舶事業者の間で議論が進んでいます。 2019 年 3 月の流行前、日本では 42 の港に 125 のバースがありました。

明らかに、この回復は、日本の地方自治体による観光振興と、中国の国際クルーザーの受け入れ停止を反映しています。

2019年にクルーズ船で日本を訪れた215万人のうち、8割が中国人。 観光庁によると、世界中からのこれらの訪問者は、日本滞在中に 805 億円 (5 億 9000 万ドル) を費やしました。

2019年10月、新潟港に停泊する国際クルーズ船。(写真提供:新潟市)(共同)

共同通信は、2019 年に大型クルーズ船を受け入れた 32 都道府県の 42 港を調査しました。

日本は、2020年2月に横浜で数千人を隔離し、700人以上の乗組員と乗客のうち13人を感染させたダイアモンドプリンセスクルーズ船に乗った集団感染の後、2020年3月以来、外国のクルーズ船のドッキングを停止しています。

海外からのクルーズ船の寄港は、3月1日に静岡県の清水港を皮切りに再開される。

3月にクルーズ船を受け入れる予定の23の港のうち、南西日本の鹿児島が11で最も多く、西日本の神戸と島の最南端にある沖縄県の那覇がそれぞれ9港と続きます。示した。

東京に近い横浜には8回、西日本の高知には7回のクルーズが予定されています。

西日本の大阪港は調査で、複数のクルーズ船を受け入れる計画があると述べたが、関係者との進行中の議論を理由に、その数は明らかにしなかった。 2019 年 3 月には 7 つの外国クルーズ船バースがありました。

中部日本の名古屋港、西日本の高松港、南西日本の博多港と長崎港も同様の理由で番号の提供を拒否した.

日本政府は、国際クルーズ船を受け入れる前に、地方自治体に対し、コロナウイルス感染への対応について、船舶運航者および地方の保健および税関当局と話し合い、合意に達するよう要請しています。

外国クルーズを受け入れる予定の 23 港のうち、16 港がそのような協定を結んでいるか、これから受諾しようとしていますが、7 港はまだ協議中です。


関連記事:

韓国の釜山と日本の対馬を結ぶ船便の再開


READ  19歳の火星のウォーターウォッチャーのメジャーアップグレード