Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

独占禁止法問題に関する政府の目から見たアップルとグーグル:朝日新聞

日本は、特にスマートフォンドライバーの使用に関して、主要な市場セグメントにおけるIT巨人の優位性について説明責任を負わせるための世界的な取り組みに参加する予定です。

Google Inc. およびAppleInc。 スマートフォンにインストールされているすべてのドライバーの約90%は日本にあります。

政府は、これがイノベーションを阻害し、ビジネスのやり方に多様な影響を及ぼしたのではないかと疑っています。

GoogleはAndroidソフトウェアを提供し、AppleはiOSソフトウェアを提供します。

情報筋によると、今月初めに開始される予定の調査結果は、独占禁止法の規制強化につながる可能性があるという。

関係者は、スマートフォンを製造している企業や関連機器を販売している企業に質問します。

主な問題の1つは、GoogleとAppleが、ドライバーを提供する条件として、これらの企業に独自のアプリとサービスのインストールを強制したかどうかです。

また、ドライバーを利用した決済サービスにより、他社がスマートフォンで同じ機能を提供できなくなっている疑いもある。

日本の動きは、最近欧米で取られた措置と一致しています。

2018年、欧州委員会は、デバイスメーカーにAndroidソフトウェアをガジェットにインストールするよう強制したとして、Googleに5,000億円(46億ドル)以上の罰金を科しました。

そして2020年に、米国司法省は同様の疑いでGoogleに対して反トラスト訴訟を起こしました。

2月、日本政府は、デジタルプラットフォーム取引の透明性を高めることを目的とした法律を可決しました。 アプリストアやオンラインショッピングセンターの運営者は、法律により取引情報の開示を義務付けられています。

4月、Googleなどのオンライン広告業務を扱う企業に法律の適用範囲を拡大することが決定されました。

最新の調査は、監視を強化するためのもう1つのステップを表しています。 情報筋は、提案された規制強化は来春までに準備できると述べた。

READ  バイデン大統領は、上級外交団の9人のキャリアメンバーを大使に指名する意向を発表した。