Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

生け花を1つずつ整理しておく

年齢は、日本の横浜の高校に通ったときに、日本の生け花の芸術である生け花に恋をしたボーランド明子にとって、まさに数字です。

生け花を何十年も勉強して教えた後、92歳の彼女は美しいクレアモントの家に賞と証明書の壁を持っています。彼女はそれを夫のウォルトと共有しています。

1996年から生け花の修士号を取得したボーランドは、50年連続でメサカレッジで毎週継続教育クラスを教えていたのを6月に引退しました。

流行が止まるまで、彼女は生け花の大原学校のサンディエゴワビ支部の後援の下、バルボアパークのトレーナーでもありました。 彼女は1973年に支部を設立し、35年間社長を務めました。

ボーランドは秋を計画していますか?

「私は9月にバルボアパークで再び教え始めます」と彼女は言いました。 「私は上級クラスに出席し、コーチを指導するつもりです。月に2回だと思います。これを毎週行うのは多すぎるでしょう。」

彼女は少し遅くなるかもしれませんが、ボーランドは優雅で活気があり、最近の90分間のインタビューで彼女のカラフルな人生の多くを語ることができました。

彼女は、11月11日の退役軍人の日に92歳になる夫のウォルトから思い出を少し助けてもらいました。

「私がここに来たとき、私はあまり知りませんでした」と彼女は笑いながら言いました。 「私は私の夫に言いました、国はあなたの誕生日に休日を持っているのであなたは重要な人です。」

夫婦は、彼が駐留していた横浜の米海軍交流センターで働いていたときに出会った。 彼らは1970年に結婚しましたが、軍人の妻のために遊牧生活を送っても、ボーランドは生け花を思いとどまることはありませんでした。

「彼女にはそれに対する自然な才能があります」と彼女の夫は言いました。 「それはとても良いことです。何十年も勉強していて、それもしない人もいます。」

花の調和

ボーランドの業績は、彼女の芸術と言葉を広めるための彼女のたゆまぬ努力の両方で注目に値します。 彼女は、それが文化芸術であるため、花のデザインとは区別されると述べました。

「自然の美しさとバランス–この組み合わせは生け花にとって非常に重要な考慮事項です」と芸術と言語の簡潔さを高く評価しているボーランドは言いました。

「私が(米国に)来たとき、「生け花」の意味を知っている人はあまりいなかったので、私は彼らを生け花に開放しました。」

ボーランドの自費出版の2000年の本「生け花、花のハーモニー」は、ボーランドと、ほとんどの撮影を行った夫のウォルトにとって大変な仕事でした。

プロジェクトの目的は、大原生け花の志望する学生に詳細な指示を与えることでした。 英語と日本語の両方でこの目標を達成します。 しかし、189ページの出版物は簡単にコーヒーテーブルブックとして説明することができます。

その配置は単純ですが、最初は驚くべきものであり、徐々により複雑で見事なものになります。 花、枝、葉など生け花の基本素材を展示しており、季節の移り変わりを表現しています。

この本のコンセプトは、1996年にミッションバレーのハンドルリーホテルで開催されたボーランドの大成功を収めた一人の女性の見本市に端を発しています。 「21世紀生け花コンセプト」と題された3日間のフェアライクなイベントでは、50以上のアレンジが強調されました。

「21世紀生け花のコンセプト」の画像は、本の最後のセクションで強調表示されています。

「アキコの考えは、多分もっと多くの人が生け花を見に来て、多分もっと多くの人が彼女のクラスに参加するだろうということでした」とウォルト・ボーランドは言いました。 「そして彼らはやった!」

バーランドで18年間働いてきたクリス・ブガリンは、「アキコは私の親友だと思います。彼女はとても寛大で、誰にでも親切です。彼女がどれほど彼女の仕事を愛しているかを見ることができます。彼女はこれらの素晴らしいアレンジをします。デモンストレーションを行うと、アキコはこれらの枝をかさばり、見た目どおりに曲げます。」

(ネルビンC.セペダ/サンディエゴユニオントリビューン)

親切で優しくて強い

Lorinda Owenは、2013年からボーランドで継続教育クラスの学生です。彼女は、ズームセッション中に6月に引退した教師に別れを告げたクラスを鮮明に覚えています。

「誰もが交代で、彼女が教えてくれた美しい芸術の形にどれほど感謝しているかについて話しました」とオーウェンは回想します。 「流行の最中、ネガティブなニュースと悪いニュースの両方があったとき、クラスに参加するのはとても良かったと言いました。それは私たちに喜びを与え、私たちを落ち着かせました。」

ボーランドで18年間働いてきたクリス・ボガーリンは、彼女自身、国際的および地元の生け花組織の元リーダーです。 彼女は、他の種類の生け花とは異なり、大原学校は天然素材、幾何学的な角度、そして空間の慎重な使用に焦点を当てていると述べました。

素材の取り扱いは簡単ではありません。曲げたり、形を整えたり、カットしたりする必要があります」と、76歳のブガリンは述べています。

「アキコは私の親友だと思います。彼女はとても寛大で誰にでも親切です。彼女が彼女の仕事をどれほど愛しているかは誰もが見ることができます。彼女はこれらの素晴らしいアレンジをします。私たちがデモンストレーションをするとき、アキコはこれらの巨大な枝を取り、それらを曲げます。彼女が彼らに見せて欲しい方法。」

「あなたは非常に強くなければなりません。彼女は92歳です!」

ボーランド家は、6月に継続教育クラスからの引退を奨励しました。これは、管理職を引き受けた夫にとっても歓迎すべき引退を意味しました。

夫婦には、ローズ、ロン、ルネの3人の子供、4人の孫、3人のひ孫がいました。

「私の家族は私の健康を気にかけています」と、ボストン、フィラデルフィア、その他の都市でワークショップやデモンストレーションを主導してきたボーランドは言いました。

「それで、私は学校で教えるのをやめることに決めました。しかし、私はまだもっと仕事をしたかったです!」

ボーランド明子

男の子: 1929年5月8日、御殿場市で林明子と名付けられました。

教育: 1948年、横浜の高校を卒業。 彼は1968年に生け花の大原学校の佐世保(日本)支部から教師の学位を取得しました。

成果: 彼は1973年に生け花に大原学校のサンディエゴ支部を設立し、35年間その学長を務めました。 長年にわたり、アキコ・ボーランドはサンディエゴの日本領事館とバルボアパークの日本友好庭園に生け花の手配を定期的に行ってきました。

知るために: 1975年にカリフォルニアコミュニティカレッジから教師の証明書を受け取りました。 1985年に日本文化を促進したことでサンディエゴハウスオブジャパンから表彰されました。 1990年に東京本部の生け花インターナショナルによって生涯会員として選ばれました。 1996年に大原日本語学院の生け花からグランドマスター証明書を取得。 2008年に、この称号を獲得した唯一のアメリカ人である大原日本学校から「創設顧問」と宣言された。 2012年、日本、サンディエゴ、ティファナの人々の文化的つながりを改善したことで、サンディエゴとティファナの日本協会からフィリップスコミュニティ賞を受賞。 2012年にサンディエゴアジアヘリテージアワードの芸術と文学の優秀賞を受賞。 彼は昨年オハラで開催された第19回全国教師協会の年次総会の会議議長に任命されたが、パンデミックのために中止された。

ウッドはフリーランスのライターです。

READ  周恩来についての新しい子供向け映画は、今日の中国について多くを明らかにする