Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

石炭を使って水素を製造し、それを日本に送るオーストラリアのプロジェクトが火事になりました

水素は石炭よりもエネルギー密度が低いため、長距離を運ぶのは非効率的であると、ケンブリッジ大学の機械工学教授で水素科学同盟のメンバーであるデビッド・ゼフォン教授は述べています。

彼はまた、米国とカナダ以外のいくつかの大規模プロジェクトで、初期段階にあるプロセスである二酸化炭素を捕獲する経済性に疑問を呈しました。

セバン教授は、石炭と亜炭の使用は「ディーゼルや可燃性ガスの代替燃料よりもはるかに悪い」と述べた。

「二酸化炭素が気に入らない場合は、大量の二酸化炭素が排出されます。

褐炭、または亜炭は、含まれる炭素の量と清浄度の点で木炭よりも上位にランクされています。

オーストラリアは多くの西側諸国よりも石炭に優しい国であり、そのほとんどは燃料の使用をやめようとしています。 11月、オーストラリアは40か国のブロックへの参加を拒否し、2030年までに削除し、中国、インド、日本に置き換えました。

オーストラリアのエネルギー大臣アンガス・テイラーは、当時、政府は「産業を破壊する」危険にさらされていなかったと述べた。

キース・ピット資源相は金曜日に、「私たちは伝統的な産業と伝統的な輸出を引き続き支援しますが、水素などの分野も成長させます。今日の輸出は褐炭から来ています。

Zephone教授は、オーストラリアはその巨大な太陽光発電の可能性を利用して、英国とフランスを結ぶ海底ケーブルを介して電力を輸出できると付け加えました。

HESCにコメントを求めた。

READ  日本は2億ドルのローン延期に同意する-新聞