Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究により、スペインの洞窟壁画はネアンデルタール人によって作られたことが確認されています

月曜日に発表された研究によると、ネアンデルタール人は、長い間未発達で野生であると見なされていましたが、60、000年以上前にスペインの洞窟で石筍を実際に描いていました。

2018年の論文が発表されて以来、この問題は古生物学者を悩ませてきました Cueva de Ardales石筍のドームにある赤い黄土色の色素が、絶滅した種「いとこ」に起因している

歴史学は、現代人が大陸に住んでいなかった時代に、芸術は少なくとも64、800年前のものであったことを示しています。

この発見は物議を醸している、とジャーナルPNASの新しい研究論文の共著者であるフランチェスコデリコはAFPに語り、「科学記事はこれらの色素が自然のものであったかもしれないと述べた」と酸化鉄の流入の結果である。

スペイン南部、アルダレスのスペインの洞窟にある色付きの石筍の染料。 写真:Joao Zilhao / ICREA / AFP / Getty Images

新しい分析により、顔料の組成と配置が自然のプロセスと一致していないことが明らかになりました。代わりに、顔料はスプレーとブローによって塗布されました。

さらに、それらのテクスチャーは洞窟から採取された天然サンプルのテクスチャーと一致していませんでした。これは、顔料が外部ソースからのものであることを示しています。

より詳細な年代測定では、染料は10、000年以上離れたさまざまな時点で適用されたことが示されています。

パデュー大学のデリコ氏は、これは「ネアンデルタール人が洞窟を顔料でマークするために数千年にわたって何度か来たという仮説を支持する」と述べた。

ネアンデルタール人の「芸術」を、3万年以上前のフランスのショーヴェポンダルクにあるような現代人による先史時代のフレスコ画と比較するのは難しいです。

しかし、新しい発見は、4万年近く前に子孫が絶滅したネアンデルタール人が、長い間描かれていたので、ホモ・サピエンスの貧しい親戚ではなかったという証拠を増やしています。

チームは、染料は狭義の「芸術」ではなく、「空間の象徴的な重要性を永続させることを目的としたグラフィックの振る舞いの結果」であると書いています。

洞窟の形成は「いくつかのネアンデルタール人社会の象徴的なシステムにおいて重要な役割を果たしました」が、これらの象徴が何を意味するかは現在のところ謎のままです。

READ  中国の研究者は、ミサイルで「アルマゲドン」小惑星を変換することを提案しています