Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究は、COVID-19パンデミック中の身体活動における社会経済的格差を発見しました

KYAN Akira准教授(神戸大学大学院人間開発環境研究科)と高倉実教授(琉球大学医学部)の研究により、COVID-19パンデミック時の身体活動の社会経済的格差が明らかになりました。

これは、日常生活(仕事、余暇、交通)の身体活動の分野によって格差の程度が異なることを明らかにした世界で最初の研究でした。 経済的不平等の拡大が懸念される中、本研究の結果は、経済状況によって引き起こされる実際の健康格差の状態を確認するための継続的な監視の必要性を浮き彫りにしている。

これらの結果はジャーナルに報告されました 公衆衛生 2022年4月20日。

主なポイントs

  • これは、COVID-19パンデミック中の日常生活のさまざまな領域における身体活動に関する社会的および経済的格差を調査した世界で最初の研究でした。
  • 収入、身体活動の教育レベル(仕事、余暇、交通機関に関連する)、座りがちな行動に格差が見られました。 これらの結果では、低所得/低教育レベルの人々の間で、この活動のレベルが低いレクリエーションの身体活動に有意な変動がありました(図1-a、2-a)。
  • 日常生活の他の領域での身体活動のレベルとは対照的に、教育レベルが低い人は、仕事関連の身体活動により多くの時間を費やしました(図1–b、図2–b)。 以前の研究では、高レベルの職業的身体活動が実際に心臓病などの病気のリスクを高める可能性があることが示唆されているため、これは公衆衛生の観点から否定的に解釈できます。
  • 人々の健康に対する中長期的な影響を評価するには、継続的な調査が必要です。

検索の背景

適切なレベルの身体活動は、多くの慢性疾患(精神疾患を含む)を予防し、死亡のリスクを減らすことができることが知られています。 理想的には、人々は身体活動のこれらの利点を等しく享受できるべきです。

しかし、身体活動などの健康的な行動に関しては、人々の社会経済的地位(収入や学歴など)に起因する格差が存在することが長い間指摘されてきました。 これらは健康格差と呼ばれます。 具体的には、低所得および/または低教育の不均衡な数の人々が健康状態が悪い。

新しいCOVID-19の大流行により、観光産業やレストラン産業など、特定の産業は経済的に大きな打撃を受けています。 これらの状態が健康の不平等を悪化させているという公衆衛生上の懸念があります。

政府のインターネット調査やスマートフォンの歩数計アプリから収集された広範なデータに基づいて、日本の実際の身体活動レベルと運動意識は、COVID-19パンデミック以前と比較して改善されたと報告されています。

ただし、この情報は、使用されている調査方法の性質上、社会経済的に劣悪な状況にある人々の現実を反映していない可能性があります。 言い換えれば、支援を必要とする人々が直面している状況の理解を引き出すことができないかもしれません。

研究方法

この調査では、笹川スポーツ財団が実施した全国横断調査である全国スポーツ・ライフスタイル調査を通じて収集された詳細な人口内訳と地区レベルのデータを使用しました。

研究者たちはこのデータを使用して、COVID-19パンデミック時の身体活動の違いを調査しました。 この研究の際立った特徴は、勾配不平等指数(SII)と相対的不平等指数(RII)を使用していることです。 社会経済的地位(この場合、収入と教育レベル)の各指標の人口の割合の違いを考慮に入れてください

ソース:

ジャーナルリファレンス:

Kyan、A&Takakura、M(2022)COVID-19パンデミック時の日本人成人の身体活動における社会経済的格差。 公衆衛生doi.org/10.1016/j.puhe.2022.03.006

READ  日本は幅広い債券購入プログラムを追求する上で「奇妙」です