Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

研究者は、深海に住む魚とそのフィルムを発見しました

研究者は、深海に住む魚とそのフィルムを発見しました

海は信仰

さらに、 ミンデロ – 西オーストラリア大学深海研究センター 東京海洋大学がこの種の魚を 2 匹捕まえた Pseudoliparis belyaevi 伊豆小笠原海溝北方の日本海溝で活動中。 彼らは 26,319 フィートでトラップを使用し、これまでに捕獲された最も深い魚の記録を破りました。

「日本の塹壕は探索するのに素晴らしい場所でした。海底でさえ、生命が非常に豊富です」と、遠征の主任科学者であり、深海研究センターの創設者であるアラン・ジェイミーソンは声明の中で述べました。 彼は、伊豆小笠原海溝で魚を見たり捕まえたりしたのはこれが初めてであり、そこにはもっと多くの魚が生息していると信じていたと付け加えた.

カタツムリ科に属し、400 以上の種が知られています。 彼らは、海の最も深い地域だけでなく、浅い沿岸水域にも住んでいます。 800 気圧以上の極圧に耐えることができ、ほとんどの生物が押しつぶされるような状況に耐えることができます。 深海で生活するために、カタツムリは浮き袋 (ほとんどの種の魚が浮くことができる空気で満たされた袋) を持っていません。 ジャミソン氏によると、カタツムリは鱗の代わりにゼラチン状のコーティングをしており、圧力によって押しつぶされるのを防いでいます。 彼らはまた、細胞レベルでそれらを保護するオスモライトと呼ばれる液体を使用します.

若いカタツムリは、成体よりも深い水域での生活に適しています。 これは、他の多くの深海魚種とは正反対です。 小さなカタツムリの深いところを泳ぐ能力により、深いところまで泳ぐことができない潜在的な捕食者を避けることができます.

フィンを発見

以前、これまでに撮影された最も深い魚は、マリアナ カタツムリ (Pseudoliparis swirei) 地球上で最も深い海溝であるマリアナ海溝で、26,831 フィートで泳ぎましょう。

昨年 8 月から 9 月までの 2 か月にわたる調査中に撮影された新しい映像は、日本の海溝巻き貝が他の海溝に生息する類似の種よりも多産である可能性があることを示唆しています。 研究者はまだこの理由を特定していません。

「私への本当のメッセージは、彼らが8,336メートルに住んでいるとは限らないということです」とジェイミーソンは言いました. 、誰もその溝全体から一匹の魚を見たり集めたりしたことはありませんでした」とジェイミソンは言いました.

科学者たちは、日本付近の海溝と琉球海溝に戻って、カタツムリをさらに研究し、他の深海魚を見つけたいと考えています。


ノエル・タルモン、Ripleys.com寄稿者

人の可能性を見つけよう!

Ripley’s Odditorium を訪れると、何百もの奇妙で珍しいアーティファクトを発見し、信じられないほどの相互作用を得ることができます!

近くのアトラクションを発見

ソース: 研究者は、深海に住む魚とそのフィルムを発見しました

READ  公爵夫人がスタッフに「卵」について語った後、女王はメーガン・マークルに道徳について教えました