Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

空気中のマイクロプラスチックは人間の健康に暗雲をもたらす:日本の研究

空気中のマイクロプラスチックは人間の健康に暗雲をもたらす:日本の研究






この添付写真は、北海道の雪の中で見つかったマイクロプラスチックを示しています。 (写真提供:北見工業大学准教授 小野宏)(共同通信)

北海道旭川市(共同通信) – マイクロプラスチックは主要な海洋汚染物質であることは広く知られているが、大気中に存在することはあまり知られていないが、人間の健康に及ぼす潜在的なリスクのため、近年大きな懸念となっている。

この問題に関する研究を主導する日本の研究者らは、マイクロプラスチックが空に浸透し、雲や雪の中に入り込み続けていることを確認した。 彼らは、それが空中浮遊状態で人体に摂取され、その後血管系に到達する可能性があると述べた。

早稲田大学の大河内博教授(環境化学)と大野博北海道北見工業大学准教授は、まだ初期段階にある研究の推進に尽力している一人だ。

マイクロプラスチックの長さは5mm未満です。 プラスチック廃棄物が紫外線や風、波などの自然の力によって分解されることで生成されます。

マイクロプラスチックは、比較的大きな表面積により有毒物質を吸収して輸送することができるため、生物にとって化学的に有害です。 プラスチックが生物に摂取されると化学物質が放出され、魚介類を介して人間の食物連鎖に侵入し、自然生態系とそれに依存する人々に損害を与える可能性があります。






2023年8月に撮影されたこの写真には、大口博教授率いる早稲田大学の研究チームが富士山山頂で雲水を採取している様子が写っている。 (写真提供:大河内博) (共同通信)

大河内氏らの研究チームは2021~22年に実施した現地観測で、富士山山頂など3地点で採取した雲水にマイクロプラスチックが存在することを初めて示した。

浮遊粒子は紫外線分解により水に対する耐性が低下し、雲の氷と水の凝結核として機能する可能性を示唆する証拠があると研究者らは述べた。

マイクロプラスチックは紫外線によって分解されると温室効果ガスを排出します。 研究者らは、雲の形成が加速され、太陽光が地表に届きにくくなり、その結果、地球温暖化の予測モデルが妨げられる可能性があると考えている。

大河内氏のチームは、浮遊マイクロプラスチックは陸地および海洋起源であるという仮説を立てている。

「日本では、最も可能性の高い発生源は海洋プラスチック粒子であり、北西から吹く台風や冬のモンスーンによって近海から飛来するものです」と大河内氏は述べた。

極低温学、つまり雪と氷の研究を専門とする北見研究所の小野氏は、雪の中からマイクロプラスチック粒子を発見した。

世界自然遺産の知床や旭滝など北海道内9地点で2021~23年に採取した雪を分析したところ、すべての地点でマイクロプラスチック粒子が検出された。

知床やその他の同様の遠隔地で発見された物質の大部分は、0.06 mm未満であり、比較的小さなサイズでした。 プラスチック容器に使用されていたポリエチレンの粒子が含まれており、空気中に運ばれたとみられる。

都市部では、合成ゴム粒子と比較的大きなマイクロプラスチック粒子が主に発見されており、これらは自動車のタイヤなどの地域起源である可能性が最も高いです。

大河内教授によると、大気中のマイクロプラスチックは大きさが0.1ミリ以下と海洋に比べて小さいが、強い紫外線にさらされるため劣化が早いという。

健康上の懸念としては、吸入されたマイクロプラスチックが肺に蓄積すると考えられており、そこで小さな粒子が血流に入り、その後体中に広がります。 同氏は、汚染された食べ物や飲み物を通じて摂取されるプラスチックとは異なり、排出するのが難しいとも付け加えた。

大気中のマイクロプラスチックについて報告した最初の論文は2016年に発表された。標準化された方法論がない比較的新しい研究分野であるため、マイクロプラスチックの量など、実際の状況がどれほど深刻であるかについての理解はほとんど進んでいない。 雰囲気も大きさも。

大河内氏は「まだ分からないことが多い。特に健康リスクを明らかにし、対応を検討したい」と述べた。

(文:星智樹)

READ  日本での安全な旅行:次の旅行を計画するときに知っておくべきことすべて