Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

米国、韓国、日本の使節が北朝鮮の核緊張について話し合うために集まる

SuHyangChoi著

ソウル(ロイター)-米国、韓国、日本の当局者は、孤立した国が2017年以来の最初の核実験を実施する準備をしている兆候の中で、北朝鮮に関する会談のために金曜日にソウルで会合した。

米国の特別代表であるソン・キムは、北朝鮮が豊渓里の7回目の核実験の準備をしていると米国が評価した後、韓国と日本のカウンターパートであるキム・ジュンと船越義珍に会った。

金総書記は会談の冒頭で、「日本と大韓民国の同盟国と緊密に連携して、あらゆる緊急事態に備えている」と述べ、韓国を正式名称である大韓民国の頭文字で呼んだ。

今年、北朝鮮は国連の制裁に違反して、最大のICBMであると信じられているものを含むいくつかの弾道ミサイルをテストした。

米国特使は北朝鮮に言及し、「北朝鮮の違法で不安定な活動が結果をもたらし、国際社会がこれらの行動を通常通り受け入れないことを明らかにしたい」と述べた。

「北朝鮮の核兵器のたゆまぬ追求は、私たちの抑止力を強化するだけだ」と韓国の新たに任命された核使節、金正恩は言った。

韓国の外交官は、「北朝鮮が現在着手している道には、北朝鮮自体の安全を低下させるという、避けられない目的地が1つある」と述べた。

先週、米国は弾道ミサイル発射をめぐって北朝鮮に対する国連の制裁措置を強化するよう求めたが、中国とロシアはこの提案に反対し、国連安全保障理事会が北朝鮮を罰し始めて以来初めて公に分割した。 2006年、最初の核実験を実施した。

日本の船越は、調整の必要性を強調し、「三者間の安全保障協力を含む地域抑止を強化する」ことを約束した。

当局者は、対話の扉が開かれていると述べ、北朝鮮のCOVID-19の状況について懸念を表明した。

以前、米国務副長官のウェンディ・シャーマンは、COVID-19と非核化と戦っている間、米国は人道援助を北朝鮮に結び付けないと述べた。

(Soo Hyang Choi、Dojeon Kim、Daewong Kimによる報告、Robert Percellによる編集)

READ  ヘビー級の試合前の最新のボトムカードの結果