Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

経済は2022年に回復すると予想されるため、政策は貧困層と脆弱層を優先する必要があります

世界の自動車メーカーが電気自動車(EV)の生産に投資し続けるにつれて、内燃機関(ICE)が将来の米国の意図を支配し、米国の消費者の69%が次の自動車のために技術を保持しようとしています。

世界的に持続可能性への関心が高まっているにもかかわらず、アメリカの消費者の半数以上(53%)は、代替モーターソリューションに500米ドル以上を支払うことを望んでいません。

バーチャルセールスは、その利便性と使いやすさについて引き続き期待を示しています。 ただし、アメリカの消費者の75%は、次の車を購入するために個人的な体験を好みます。

公共交通機関やカーシェアリングなどの共有モビリティサービスは、パンデミック前のレベルに戻るのに時間がかかりました。 アメリカ人の76%は、他の交通手段よりも自分の車を好みます。

何でこれが大切ですか

自動車セクターは、パンデミックの前に蔓延していた成長のペースに戻る方法に焦点を当てていますが、消費者の価値観は、親しみやすさと手頃な価格と一致しています。 デロイトは12年間、急速に進化するグローバルモビリティエコシステムに影響を与える消費者向け自動車のトレンドを調査してきました。 今年のレポート、世界の自動車消費者に関する2022年の調査、「先進技術の開発、新車の持続可能性とコスト予測、仮想購入体験、モビリティサービスなど、世界の自動車セクターに影響を与えるさまざまな問題を調査します。このレポートは、25か国からの26,000人以上の消費者の調査に基づいています。 2021年9月から10月の間に実施されました。

電気自動車の未来のマッピング

世界の自動車メーカーが電化された未来の約束を果たすことを目指しているので、より持続可能なエンジンを採用することへの消費者の関心は、より低い燃料コスト、気候への懸念、そしてより良い運転経験によって推進されています。 しかし、電気自動車の限界により、多くのドライバーはおなじみの内燃エンジン(ICE)車に引き寄せられ続けています。 同時に、高度な技術に支払う消費者の意欲は限られたままです。

持続可能性への関心が高まっているにもかかわらず、消費者の大多数は、米国を含む53%を含め、代替モーターを含む高度な技術に500米ドル以上を支払うことを望んでいません。 さらに、消費者は、自動運転、強化された安全性、接続性など、他の高度な機能にお金をかけたくないと考えています。

その結果、ICE車は、将来の米国の自動車購入意向を引き続き支配しました(69%)。 代替モーターの中で、バッテリー式電気自動車(BEV)に対する消費者の関心は、韓国(23%)、中国(17%)、ドイツ(15%)で最も高く、日本の消費者はハイブリッド電気自動車(HEV)を最も好んでいました。 )。 / PHEV)(48%)、続いて大韓民国(35%)。

しかし、気候変動と排出量の削減に対する懸念の高まりは、米国、ドイツ、日本、韓国、インド、東南アジアの世界の消費者の間で電気自動車の採用の最大の推進力の1つです。

電気自動車の購入者の大多数は、特に日本(76%)、インド(76%)、米国(75%)、ドイツ(70%)で、自宅で車を充電することを期待しています。 大韓民国(38%)と東南アジア(29%)で公費の需要が最も高い。

自宅で車を充電することを計画している人の中で、アメリカ人の3分の2(66%)は従来の電力網の恩恵を受けるでしょう。 一方、インド、中国、東南アジアの消費者は、グリッドエネルギーと再生可能エネルギーの両方を使用することを計画しています。

運転範囲は、ドイツ(24%)、中国(22%)、および米国(20%)のCEVにとって最大の懸念事項ですが、公共の充電インフラストラクチャの欠如は、アジア(東南アジアの28%)で記憶される可能性が最も高いです。 、大韓民国26%、インド23%、日本19%)。

米国の消費者は、完全に充電された電気自動車が500マイル以上走行することを期待していますが、中国、日本、インドの消費者は、約250マイルの航続距離に満足しています。

あなたが車を買うための先の道

新車を購入する消費者は、仮想プラットフォームを優先して、従来の対面体験を好みます。 ただし、仮想小売は、その利便性、速度、および使いやすさのために勢いを増しています。

COVID-19は、インドと東南アジアの消費者の自動車購入決定に大きな影響を与えました(それぞれ64%と63%)。 対照的に、アメリカの消費者の3分の2以上(69%)は、パンデミックが自動車購入計画に影響を与えていないと述べています。

インド(45%)と東南アジア(31%)の消費者は、公共交通機関を避けるために車を所有したいという欲求が高まっていることを示しました。 アメリカ人ドライバーのわずか14%が同じことを報告しました。

世界中の消費者にとって、対面での買い物は、米国の消費者の4分の3(75%)を含め、車両を購入するための好ましいチャネルです。 東南アジア(80%)とドイツ(78%)では、個人的な経験がより優先されると考えられています。

ただし、実際に購入する場合、ほとんどの国の消費者は、米国(48%)を含め、正規販売店から直接購入することを好みます。 対照的に、日本の消費者はOEMから直接購入することを好みます(49%)。

仮想車両の販売は、大韓民国(68%)、日本(41%)、ドイツ(40%)、および米国(39%)の利便性によって促進されることがよくあります。 使いやすさは、中国(33%)、インド(27%)、および米国(25%)の消費者にとって第1位です。

パーソナルモビリティは依然として王様です

個人の車両所有権が最も望ましい輸送手段としての地位を維持しているため、車両のサブスクリプションや乗客サービスを含む共有モビリティの提供は、パンデミック前のレベルへのゆっくりとした復帰に直面しています。

アメリカ人の4分の3以上(76%)が、主要な交通手段として自家用車を挙げています。 しかし、大韓民国(31%)と日本(27%)の消費者の間で公共交通機関は大きなシェアを占めています。

車両サブスクリプションサービスは世界市場でますます人気がありますが、それでも米国に関心を持っています米国の消費者のほぼ3分の1が、さまざまな車種、車両ブランド、中古車にアクセスするための車両サブスクリプションサービスに関心を持っています(それぞれ32% )。

車両交換​​の利便性と柔軟性、および車両の可用性は、米国で車両サブスクリプションサービスに従事するための主な推進力です。

READ  新しい本は日本の抑留のトラウマに芸術性をもたらします-モントレーヘラルド