Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

編集:原子力の負担によって損なわれたよりクリーンなエネルギービジョン

産業省は7月21日、新しい基本エネルギー計画の草案で、よりクリーンなエネルギーの未来についてのビジョンを示しました。 このチャートは、2050年にカーボンニュートラルまたは二酸化炭素排出量ゼロという政府の目標を達成するために、2030年度に国に電力を供給するためのエネルギー源の内訳を示しています。

再生可能エネルギーの促進は政策の優先事項であり、2030年度には国の総エネルギー生産における再生可能エネルギーのシェアを14ポイント増加させて36〜38パーセントにするという目標を設定する必要があると述べています。ソース。

しかし、原子力エネルギーのシェアを現在の20〜22パーセントのレベルに維持するというその決定は困惑しています。

国際エネルギー機関によると、原子力発電所は昨年、日本の総エネルギー生産量の4.3パーセントしか貢献していませんでした。 同省の計画案で定められた水準に達するには、27基の原子炉を運転する必要があり、そのうち11基は現在安全検査を受けており、稼働率は80%と高い。

2011年の福島原発事故で原子力発電への不信感が高まり、原子炉が停止して以来、再起動した原子炉はほんの一握りであり、大変な挑戦となるでしょう。

原子力が安価なエネルギー源であると主張する確固たる根拠はないようです。 同省が今月発表した推計によると、2030年に建設された新しい原子炉は、キロワット時あたり11円以上の上限で発電する。 2004年の価格は5.9円でしたが、安全対策のコスト上昇により上昇傾向が続いています。

対照的に、再生可能エネルギー源を使用した発電コストは着実に減少しています。 企業の太陽光発電は、2030年に8円から11円の範囲の推定コストで1kWhの電力を生産します。

エネルギー供給計画案は、日本の原子力への依存を可能な限り減らすことを求めているが、それでも、原子力エネルギーシェアの非現実的な目標を設定している。 これはおそらく、計画が2030年度までに13年度のレベルから46%の温室効果ガス排出量を削減するという政府の目標と一致していなければならないためです。

原子力に不当な重みが与えられているにもかかわらず、火力発電は2030年度も引き続き主要な電力源である。同省のシナリオによれば、そのシェアは昨年の70%から低下するが、それでも41%を占める。

たった8年半でエネルギーミックスを根本的に変えようとするのは現実的ではありません。 発電設備の建設や送電網の修理には時間がかかります。

同省の最初の業務は、カーボンニュートラルを達成するために必要な2050年のエネルギー複合体を定義することです。 現在、より環境に優しいエネルギーの未来を確保するために考えられる唯一の主要な電力源は再生可能エネルギーです。

クリーンエネルギーは昨年の日本の総エネルギー生産量の21.7%を占め、2030年の目標(22-24%)に近づいています。 再生可能エネルギーの大きな可能性を最大限に活用するのが賢明でしょう。

同省は、2050年度の目標に向けた進捗状況を評価するための暫定目標として再定義することにより、2030年度の数値を再検討する必要があります。

日本の社会をカーボンニュートラルな未来に向けてより速く動かすために、同省は、太陽エネルギーや風力エネルギーなどの各エネルギー源に対する特定の政策措置を含む合理的な長期行動を描く必要があります。

計画を実施するための効果的な政治的努力には、柔軟なアプローチに基づく継続的な見直しと調整が必要です。

-朝日新聞、7月22日

READ  日本では、カントリーハウスは500ドル未満であなたのものになることができます