Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

西日本動物園で初めてかわいいライオンが登場

愛媛県砥部町-7月5日、愛媛県西部の動物園で生後2ヶ月の獅子がデビューし、施設は一般の人々に動物の名前に投票するよう求めている。





2022年7月4日、愛媛県愛媛県のトビ動物園で飼育係の足を若いライオンがこすります。(毎日/齋藤朋恵)

愛媛県鳥園動物園で5月5日、父ニオ(8)と母さくら(7)の間に生まれ、公開前日にマスコミに公開された。

さくらは出生後に病気になり食欲不振と診断されたため、生後約3週間で粉ミルクを与え始めましたが、その後、母親も赤ちゃんも回復しました。 ライオンの赤ちゃんの体重は1キログラムで、出生時の頭から腰までの長さは約30センチでした。 それ以来、それは5.5kgの重さと約50cmの長さに成長しました。

カブは母親から離れて人工乳に切り替えた後も落ち着いていたようです。 動物園の飼育係が見えないときに泣くことがあります。 現在、彼は牛乳とひき肉の均等な混合物を与えられています。

時折、ライオンは赤ちゃんの顔にもかかわらず、すでに牙や他の歯を持っているので、「(噛む)角度によってはかなり痛い」とコメントしたパークレンジャーの清水和馬さん(43)の指をふざけて噛むことがあります。

ライオンの子は、動物園が休業している日を除いて、午後12時45分から午後1時45分まで一般に公開されます。

動物園は、7月24日まで、3人の候補者からの訪問者によるカブの名前の投票を受け付けています。 「端午」は、5月5日の誕生日が日本語で「端午の節句」と呼ばれているためです。 そして「生」は彼の両親の名前から音節を取りました。

(松山事務所齋藤巴による日本語原作)

READ  古代の微生物の「暗黒物質」-ハワイの溶岩洞窟で発見された何千もの未知の細菌種