Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

野村は在宅勤務者でも禁煙

野村ホールディングス株式会社アップデート

日本最大の証券会社である野村は、地元の従業員に就業時間中に禁煙を求めることで他の金融セクターから分離したが、日本たばこ産業はこの動きが長年の取引関係を変えることを促さないと述べた。

一部の野村の従業員は、正式な監視システムやルール違反者への罰則なしに実施されたにもかかわらず、このイニシアチブを「侵入的」と具体的に説明しています。 これは、オフィスの従業員と在宅勤務の日本の従業員の50%以上の両方に適用されます。

野村は、社内メモで発表されたこの動きを、従業員の健康と職場の快適さの向上に結び付けました。 しかし、何人かの従業員はフィナンシャルタイムズに、ルールは喫煙休憩を正常化する労働文化を恒久的に変える試みであると感じたと語った。

野村の方針には、営業時間中にふける必要があると感じた喫煙者は、45分間オフィスに戻らないという要件が含まれています。 時間枠は、表面上、不快な臭いや残留煙の潜在的な危険性を最小限に抑えるように設計されています。 しかし、それは実際には10分間のたばこの休憩の公式タブーになり、喫煙者は労働時間の代わりに昼休みを使用することを余儀なくされます。

野村の禁煙活動はしばらく前から行われているが、最新のメモでは、10月から日本本社のすべての喫煙室が閉鎖されると警告されている。 東京や他の都市では歩道や他の多くの公共の場所での喫煙が禁止されているため、これは喫煙する野村の従業員に大きな影響を与える可能性があります。

日本最大の投資銀行である野村は、日本たばこ産業と歴史的に有利な顧問関係を結んでいます。日本たばこ産業は、大規模な国際的買収を通じて成長し、医療専門家が間接喫煙に関連する深刻な健康リスクのいくつかに疑問を投げかけています。

野村内の一部の人々は、その注目を集める禁煙政策がこの関係を台無しにする可能性があるかどうかについて議論しました。 しかし、日本たばこ産業はこの方針についてコメントせず、木曜日に「取引先の喫煙方針の変更は、当社の関係や取引に影響を与えない。取引関係を検討する際には、多くの要素を包括的に検討し、方針を包括的に決定する。 “”。

野村の方針は、定期的に喫煙する従業員の割合を昨年3月の20%から2025年までに12%に減らすことを目指しています。 数十年にわたって着実に減少、2019年の第二次世界大戦以来初めて日本人男性の割合が30%を下回りました。

野村の動きは、昨年4月に日本が屋内喫煙を効果的に禁止する規制を導入して以来、小売業者のイオンや飲料メーカーのディド・ドリンコなどの企業が同様の措置を講じたことに端を発しています。

SoftBankテクノロジーコングロマリットの場合、従業員と顧客の健康を保護するために導入された禁煙は、自宅や支店など、従業員の所在地に関係なく適用されます。 東京の新しい本社には喫煙室がありません。

READ  アジア株は安値から変動、石油は反発