Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国、中国、日本は異例の首脳会談で協力強化を約束

韓国、中国、日本は異例の首脳会談で協力強化を約束

韓国、中国、日本の首脳は月曜日の異例の首脳会談で朝鮮半島の非核化という目標を再確認し、貿易関係を深めることで合意した。

このサミットでは韓国の尹錫悦大統領、中国の李克強首相、日本の岸田文雄首相がソウルに集まり、パンデミックの影響で一時は関係が悪化したが、ほぼ5年ぶりとなる三国間会談が行われた。

北朝鮮は正式な議題にはなっていなかったが、両首脳が北朝鮮と会談する数時間前に、間もなく別の偵察衛星を軌道に投入すると発表した。これは弾道技術を使った実験を禁止する国連の制裁に反する動きだ。

共同記者会見で、尹氏と岸田氏は北朝鮮に発射を中止するよう求めたが、韓国指導者は「地域と世界の平和と安定を損なう」と述べた。

尹氏は、金氏が4回目の発射を強行する場合、「断固たる」国際的対応を求めた。韓国政府は、これは金氏がウクライナで使用するためにモスクワの兵器を送ることと引き換えにロシアの技術援助だと主張している。

しかし、北朝鮮の最も重要な同盟国であり、経済的恩恵を受けている中国はこの問題について驚くほど沈黙を保っており、李首相は会見でこの問題についてほとんど言及しなかった。

会談後に発表された共同声明では、両国は繰り返しの文言を用いて「朝鮮半島の非核化」へのコミットメントを再確認し、平和は「我々の共通の利益にかなうものであり、我々の共通の責任である」と述べた。

– 違い –

国連中国は安全保障理事会の常任理事国として、これまで北朝鮮の核兵器実験を非難し、兵器開発の制限を目的とした制裁を支持してきた。

近年、中国と米国の関係が悪化する中、北朝鮮に厳しい経済制裁を課そうとする米国主導の取り組みへの抵抗を強めている。

中国は、米韓合同軍事演習が地域の緊張を高めていると指摘しながら、朝鮮半島全体の非核化を求め続けている。

アナリストらは、宇宙発射能力の開発と弾道ミサイルの間には技術的にかなりの重複があると述べている。

峨山研究所の研究員イ・ドンギュ氏はAFPに対し、ソウルでの記者会見と共同声明は、北朝鮮問題に関する3カ国の相違を明確に示した、と語った。

金正恩体制にどう対処するかについて迅速な合意に達することは常に困難であったと同氏は述べ、「どの国も外交上、安全保障上の立場に違いがある」ため、米国間の地政学的な緊張の背景を指摘した。 そして中国。

それでも、日韓両国が三国間の協力を強化し、経済関係を強化しようとしているという事実は、金氏の核兵器のような難しいテーマに関する将来の取引に良い前兆をもたらす。

同氏は「3カ国が(経済協力で)うまくいけば、その基盤に基づいて安全保障問題でも協力できる」と述べた。

– 貿易関係 –

3カ国は月曜日、「3国間自由貿易協定の交渉加速に向けた協議を継続する」と発表した。

新華社通信によると、中国の李首相は、両国は「経済・貿易問題を政治的駆け引きや安全保障問題に持ち込まず、保護主義を拒否し、サプライチェーンの分断や分断を行わない」ことで合意したと述べた。

尹氏は、首脳らは「貿易と投資のための透明で予測可能な環境を構築し、安全なサプライチェーンを確立することを決意した」と述べた。

会談後、尹氏、李氏、岸田氏は両国間の貿易促進を目的としたビジネスサミットに参加し、業界トップも出席した。

2022年に就任したユン氏は、核武装した北朝鮮の脅威が増大する中、旧宗主国日本の歴史的宝を埋葬しようとしている。

韓国と日本は、中国の最大のライバルである米国の地域安全保障上の緊密な同盟国であるが、貿易を促進し、中国との緊張を緩和することに熱心である。

尹氏は「3カ国協力体制を強化すべきだ。今後も3カ国首脳会談を継続することにした」と述べた。

習近平国家主席は中国の最高指導者であり、その下で李氏は首相を務める。

核武装した北朝鮮は昨年11月、初の偵察衛星の打ち上げに成功し、米国は国連制裁への「凶悪な違反」だと国際的な非難を集めた。

韓国と米国の情報当局は、別の軍事偵察衛星の打ち上げ準備を「しっかりと監視し、監視している」とソウル政府が金曜日に発表した。北朝鮮が日本に与えた打ち上げ期間によると、早ければ月曜日にも打ち上げられる可能性があるという。

kjk-hs-ceb/ser

READ  米国国防長官が日本のカウンターパートと地域の安定について話し合う