Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓国のインターネット巨人がインターネット上の漫画のリードを争っている

ソウル-韓国のインターネット大手2社であるCocoaとNavarreは、ウェブコミックの世界市場で1位を争っています。

ネイバーはカナダのウェブアニメーション会社を買収し、カカオは米国の2社を買収する。 その成長の背後にある原動力は、スマートフォン用に最適化された垂直スライドへのコミックのウェブトゥーン形式です。 韓国企業は音楽や映画などのエンターテインメント市場で勢いを増しており、インターネット上のコミックで特に効果的な勢力になっています。

ネイバーの韓聖淑会長は4月下旬にウェブエンジニア向けのイベントで「私たちは世界中のほとんどのユーザーとクリエイティブを引き付けるプラットフォームになるだろう」と語った。 同社の目標は、ユーザーがストーリーボードを自由に視聴および共有できる「コミック版のYouTube」を作成することです。

NaverWebtoonには世界中で7200万人のユーザーがいます。 日本語の「LINEマンガ」を含む10か国語で利用でき、70万人以上の漫画家がこのプラットフォームに貢献しています。 同社は、5月末までにカナダでのWattpadの6億ドルの買収を完了する予定です。 その戦略は、主に英語圏の国々で9000万人の新規ユーザーを引き付けることにより、プラットフォームとしての地位を確固たるものにすることです。

日本でピッコマを運営しているカカオは、M&Aを通じて英語ユーザーの足がかりを築いています。 同社は、タパスメディアとラディッシュメディアの2つの米国企業の買収を検討しており、「最終的な取引に近づいている」と述べています。

Cocoaはユーザー数を明らかにしなかったが、韓国のメディアはその数を3,000万から4,000万人と推定しており、そのほとんどが日本と韓国にある。 米国企業の買収を通じて、米国およびその他の地域でのユーザーベースの拡大を目指しています。

アマゾンはいくつかのサービスを開発していますが、オンラインコミックセグメントで大きな市場シェアを獲得しているプレーヤーは1人もいません。 小さな画面で読みやすいウェブトゥーンシステムが韓国企業の台頭を後押ししている。 2000年にネイバーによって開発され、2010年代半ばに人気を博しました。

このシステムは、通常の日本のマンガとは異なり、ページ上の複数のパネルが右上から左下に読み取られるという点で、垂直方向にスクロールされるフルカラーコミックです。 これは、Web上のコミックの事実上の標準になり、ペイントレイアウト、テキストの配置に大きな自由を提供し、翻訳を容易にします。

ネイバーには、誰もがYouTubeで動画を共有できるのと同じように、誰でも自由に漫画を投稿できる機能があり、多くの寄稿者は趣味で漫画を描くアマチュアアーティストです。 寄稿者のうち、2,300人の有名な漫画家がプロとして認定されており、彼らの収入は彼らが得た視聴回数に応じて分配されます。

ネイバーによると、プロのコメディアンの平均年収は3億ウォン(267,900ドル)。 同社は、アーティストに利益を還元するシステムを改善することにより、世界中からクリエイターを引き付けています。 システムがより人気のあるコンテンツを作成するにつれて、それはより多くのユーザーを引き付けるでしょう。 ネイバーとカカオのコンテンツ事業の収益は、過去3年間で4倍以上の500億円(4億6000万ドル)に達しました。

人口が5000万人強の韓国の国内市場は比較的小さいため、海外への進出は事業の成長に欠かせません。 人気の防弾少年団に象徴される韓国の映画、テレビ番組、韓国のポップミュージックが大きく進歩したように、韓国の2つのWeb企業は、インターネット上のコミックの世界での地位を確固たるものにすることを目指しています。

また、他のメディアでコミックを多面的に開発するためのシステムも作成します。 2020年、ネイバーはWebtoon部門を知的財産事業の本拠地である米国に移転し、テレビ番組や映画への拡大を促進しました。

両社は、拡大戦略のための資金を確保するために、米国株式市場にオンライン子会社を上場する予定です。 韓国の証券会社によると、1兆円以上の価値があり、市場は今後も成長が見込まれている。

「マンガの超大国」である日本は、コンテンツが豊富ですが、グローバル市場の開拓に遅れをとっています。 これは言語の壁だけでなく、雑誌や漫画などの物理的な製品に長い間焦点を当ててきた企業がデジタル事業の開発に消極的だったためでもあります。

日本では、主要な出版社にとって成功した公式は、マンガ家を訓練し、それらを週刊誌に掲載し、コンテンツを漫画、映画、商品に発展させることでした。 1億人を超える人口を抱える出版社は、地元の市場から一定レベルの収益を確保することができます。 また、海賊版マンガサイトの継続的な問題により、企業は躊躇しています。

角川CEOの安本雄一氏は、「縦読みマンガが世界標準になる可能性が高い」と語った。 カカオと資本提携を結んだ同社は、3月にウェブ上で新作を発見するためのコンペティションを開始し、世界中のアーティストの育成に着手した。

しかし、韓国のような幅広い企業のグローバルプラットフォームになるための戦略はまだ策定されていません。 日本で始まったウェブトゥーンは、日本の和紙マンガ業界に革命をもたらしています。

READ  フェニックスサンズシャツ&キャップ2021NBAファイナル