Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

韓流の次に何が来るのか?

韓流の次に何が来るのか?

法律コンサルタントのアン・ホさんは、2001 年にドラマ「ビューティフル・デイズ」での韓国人俳優リュ・シウォンの演技を見て恋に落ちたとき、それが韓国のあらゆるものとの本格的な恋愛に発展するとはほとんど想像もしていませんでした。

韓国ドラマから韓国のバラエティ番組のファンになり、現在は K-POP グループ WINNER のファンです。

その過程で、ホーさんは韓国語を学び、スパイシーな韓国料理が大好きになり、頻繁に韓国に旅行し、そこでのビジネスチャンスを模索し始めました。

香港在住のマレーシア人のホーさん(50)は、韓国文化への情熱が社交の輪を広げるきっかけになったと語った。 「何年にもわたって築いてきた友情のおかげで、私は前進することができました。」

彼女の旅は多くの長年の韓国ファンにとって典型的なものであり、2002 年にロマンチックなテレビドラマ「冬のソナタ」がアジアに旋風を巻き起こして以来、韓流がどのように進化してきたかを証明しています。

その後、韓国の大衆文化は、ソーシャル メディア、モバイル テクノロジー、オンライン ストリーミングの台頭によって、アジアを越えて世界的な現象にまで拡大しました。

2023年に発表された公式統計によると、韓国の文化コンテンツ輸出(音楽からドラマ、映画、ゲーム、漫画、ウェブアニメーションまでと定義される)は、2021年に過去最高の124億米ドル(169億シンガポールドル)に達した。

これは韓国の総輸出額6,445億ドルの1.92%に相当する。 この数字は、87億米ドル相当の家電製品や、同じく87億米ドル相当の充電式電池よりも高い。

観察者らは、この現象の背後には、業界と政府双方による勤勉、賢明な投資、巧みなマーケティング、そして絶え間ない革新があり、すぐに消滅する気配はない、と述べている。

人口5,170万の国である韓国の文化はどのようにしてこれほど人気になったのでしょうか?

アーティストのマネジメントやコンサートの企画を行うシンガポールのムード・エンターテインメントのジェームズ・カン最高経営責任者(CEO)は、K-WAVEを「アイデンティティに関するストイックなサクセスストーリー」と表現した。

「韓国の世界征服戦略は、周到な準備、忍耐、野心、勤勉の致命的な組み合わせだ」と韓国の人気歌手BoAやポップグループのビッグバン、シャイニーのプロモーションを担当したシンガポールの業界ベテランは語った。

カン氏は、韓流はアメリカ文化の正確なコピーやサンプルではないと指摘した。 「K-POPは今でも主に韓国語で歌われており、独特のサウンドと西側諸国がこれまで見たことのない激しい振り付けで韓国人によって制作されています。」

READ  ラナ・テジャのアクション映画に日本人レンズマン永田哲?